楽天、「繋がらないケータイ」懸念広まる…異例の行政指導“3回”、料金プラン発表されず

 第4の携帯電話会社として、10月に自社回線による携帯電話事業に参入する予定の、楽天傘下の楽天モバイルだが、基地局の整備が遅れに遅れている。総務省は8月26日、楽天モバイルに携帯電話の基地局整備を急ぐよう行政指導した。行政指導は3月以降3度目となる。

 10月1日のサービス開始を前に、利用者の混乱を防ぐため、電波のつながりやすさや提供エリアを事前に周知するよう求めた。谷脇康彦総合通信基盤局長が楽天モバイルの山田善久社長を呼び、文書で指導した。総務省は3月と7月にも口頭で指導しているが、対外発表はしてこなかった。

 楽天モバイルは2019年度末(2020年3月)までに東名阪を中心に3432局の基地局を整備する計画だが、その進捗が大幅に遅れている。

 文書では、(1)基地局の設置場所の早急な確保、(2)基地局工事の進捗管理体制の整備、(3)利用者の苦情や問い合わせ体制の整備――を求めた。加えて、取り組み状況を毎月報告するよう要請した。

 楽天のケータイは10月に営業開始できるのか。

 楽天および楽天モバイルは、新料金プランを9月上旬に発表する予定だったが、ズレ込む可能性も指摘されている。新料金プランでは「楽天市場」との連携を猛アピールすると思われるが、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクもEコマース(電子商取引)との連携を強めており、最終的には料金の「安さ」での勝負となる。

 楽天は前例のない完全仮想化のネットワークの構築を目指している。専門家の間では、「つながらないケータイ」になる懸念が依然として根強い。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年9月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら