ツタヤ図書館含む再開発に税金94億円…コンサル会社が和歌山市と南海電鉄と同時期に契約、利益相反か

「巨額の補助金をもらうためだけに、駅前に図書館を移転させるのだと思います」

 そう言って憤慨するのは、今冬、南海和歌山市駅前の再開発エリアに、市民図書館の新装オープンが予定されている和歌山市の市民だ。その計画を立てたと思われる黒幕的な存在がいた。

 1月27日付当サイト記事『ツタヤ図書館建設でCCCと和歌山市に癒着疑惑浮上…コンペ前から内定で計画進行か』でも報じた通り、総事業費123億円になる和歌山市駅の再開発プロジェクトの資金計画から始まって、基本設計、実施設計、施工監理など一連の業務を一社で独占的に受託していたのがアール・アイ・エー(RIA)だった。

 同社は、まちづくりを得意とする建設コンサルティング会社。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が2011年にオープンした代官山蔦屋書店の設計と、その周辺一帯の開発を手掛けたことでも有名だ。

 RIAは、和歌山市のまちづくりに関する調査や計画立案も手掛けていたことが、筆者の取材によって判明した。ただし、市からの直接依頼ではない。和歌山市が12年からまちづくりに関する計画立案業務を委託したのは、「全国市街地再開発協会」だが、その下請けで実務を担当したのがRIAだった。

 全国市街地再開発協会は、国土交通省系列の公益社団法人で、全国の自治体や建設コンサルタントが会員になっていて、まちづくりに関する各種情報提供や再開発の調査研究を行っている。ある関係者は、こう解説する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク