台風、千葉県民の被害拡大させた「何もしない」森田健作知事による“人災”…東電の怠慢も

 東京電力ホールディングスは、経営トップの眼が原子力発電所の再稼働にだけ向いているから、このような大規模停電という深刻な事態を招いたのではないのか。

 送電関連の設備投資の抑制による鉄塔・電柱の老朽化が、倒壊につながったとの指摘が出ている。

 内閣改造を遅らせてもいいくらいの被害だったのに、官邸ならびに経済産業省、国土交通省などの動きは鈍かった。初動の甘さが「台風1週間 停電7万戸」(9月17日付毎日新聞)につながり、復旧は最長で9月27日までかかる見込みとなっている。しかも、同日に完全に復旧するとは確約していない。

“タレント知事”の行政能力のなさという要素も加わり、千葉県民はダブルどころかトリプルパンチを見舞われる悲劇となった。

 問題の千葉の森田健作知事。県民、市民が苦境に陥っているときは、まったく役に立たない。タレント知事の限界がモロに出た。千葉県が推進してきたといわれている“水に浮く太陽光発電”も火を噴いた。「停電対応は票に結びつかないからやらないのか」(房総半島南部の自治体に住む住民)と、怒りの声があがっている。

 台風15号が関東地方に上陸し、千葉市で最大瞬間風速57.5メートルを観測した。電柱は通常、経済産業省の「電気設備技術基準」(1997年に制定)に基づき10分間の平均風速が秒速40メートルの風に耐えられるよう設計されているはずだが、今回は40メートル以上の強風が吹き、多数の電柱が倒壊した。ちなみに、台風の通り道となっている沖縄電力では同60メートルという、独自の基準を設けている。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年9月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら