ペナント2位のソフトバンク、“ゆがんだ日本一”…CS不要論が再過熱、揺らぐ公平性

 プロ野球のSMBC日本シリーズは、福岡ソフトバンクスホークスが読売ジャイアンツ(巨人)を4連勝で退け、球団初の3連覇を達成した。

 巨人は4試合を通じてほとんど主導権を握ることなく、勝機を見いだす希望すら与えてもらえなかった。しかも、勝負所でミスを多発しており、自ら勝利を遠ざけてしまった感すらある。

 この4連勝を見たプロ野球関係者たちからは、ソフトバンクの強さを称賛する声が上がると同時に、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの間に厳然たる実力差があるとの指摘が圧倒的に多い。

 事実、セパ交流戦の実績を見てみると、2005年の開設以降の15年間で、パリーグチームは通算1098勝で優勝は12回、セリーグチームは通算966勝で優勝は3回。セリーグ側か勝ち越したのは、わずかに09年の1回のみ。特にソフトバンクは8回優勝と、12球団のなかでも群を抜いた強さを見せている。

 だが、果たしてセリーグとパリーグの格差だけが問題なのだろうか。両リーグの格差というより、むしろ“ソフトバンク1強”となっている点のほうが、より深刻な問題を抱えているのではないか。

 かつて、巨人がV9を達成した際も当然“巨人1強”だったが、多くのスター選手を抱え、球界の盟主として君臨する巨人にほかの球団を立ち向かうという構図が、ファンを熱狂させた。しかし、今はそんなわかりやすい構図で国民が納得する時代ではない。

CS不要論が再過熱
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク