『いだてん』徳井義実、安藤サクラを食う“怪演”に称賛の嵐…出演シーンカットに疑問の声も

 11月3日に放送されたNHK大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』は、冒頭に「10月1日にすべての収録を終了しています。徳井義実さん演じる日本女子バレーボールの大松博文監督を描くシーンについては編集などでできるだけ配慮をして放送いたします」などとテロップが入る、異例の事態となった。

 これはもちろん、合計1億3800万円の所得隠しおよび申告漏れが発覚して芸能活動を自粛している、チュートリアル・徳井の問題を受けてのものだ。ドラマの流れを損なわない範囲で再編集したことで、3日放送の第41回は放送時間が通常の43分から42分に短縮された。

 徳井が演じているのは、1964年の東京オリンピックで女子バレーボール日本代表監督を務めた大松氏。初登場となった第41回では、再編集されたものの、日紡貝塚女子バレーボールチームの練習シーンで合計4分ほど出演した。安藤サクラが演じる河西昌枝(女子バレーボール日本代表チームの主将)を「ウマ」と呼ぶなど、女子選手に罵声を浴びせながら厳しい指導を続ける“鬼の大松”になりきった徳井の演技には、「顔もそっくりだし、演技もうまくて違和感ない」「意外にハマり役」「超豪華キャストの大河ドラマの中でも馴染んでる」「これは名演。一部がカットされてしまうなんてもったいない……」と称賛の声が相次いでいる。

「放送前は徳井が映ることによる反発も予想されただけに、意外かつ皮肉な反応となりました。この回から、最終章の目玉キャストとして、徳井、安藤、そして浅野忠信(オリンピック担当大臣となる自民党幹事長・川島正次郎役)が登場しています。徳井は普段のソフトな雰囲気を一変させる“ドS監督”っぷりを見せており、このまま終盤まで登場し続ける予定です。前回に限って言えば、セリフの少なかった安藤よりも徳井のほうが目立っており、印象に残った視聴者も少なくなかったのではないでしょうか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 徳井義実 DTテレビ
  2. 徳井義実 Instagram
  3. 徳井義実 しゃべくり007
徳井義実のプロフィールを見る
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年11月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「徳井義実 + DTテレビ」のおすすめ記事

「徳井義実 + DTテレビ」のおすすめ記事をもっと見る

「徳井義実 + しゃべくり007」のおすすめ記事

「徳井義実 + しゃべくり007」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「博多華丸・大吉」のニュース

次に読みたい関連記事「博多華丸・大吉」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。