野党結集へ、衆院選で安倍自民党から政権交代目指す…桜を見る会問題で徹底攻撃

 野党がひとつの党になる動きが急加速してきた。立憲民主党の枝野幸男代表が12月6日、衆参両院で統一会派を組む国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の又市征治党首、無所属の野田佳彦前首相に合流を呼びかけたのだ。

 10月の臨時国会からスタートした統一会派は、「桜を見る会」や英語民間試験の導入が先送りされた「大学入試改革」などの問題で攻勢を強め、「野党の結束の成果」だとの声が上がる。国会閉会翌日の10日も東京・有楽町で野党合同の街頭演説を行ない、「桜疑惑は幕引きさせない」と気勢を挙げた。

 枝野氏が野党結集を急ぐのは、年明けの通常国会での衆院解散もあり得るとみているから。小選挙区制の衆院選は、できる限り与党と1対1の構図に持ち込まなければ勝ち目はない。

「『永田町の数合わせには組しない』と言ってきた枝野さんが、ここへきて自ら野党結集の旗を振りだした。どうやら党首連中はその気らしいが、立憲民主も国民民主も内部は個人の思惑ばかりで不満が充満している。選挙基盤の弱い人ほど、再び当選できるのかどうかがキモ。みんな自分のことしか考えていないんですよ」(野党関係者)

 ただでさえ、立憲民主と国民民主には、2017年の前回衆院選で旧民進党が分裂した時のシコリが残っている。今夏の参院選で直接対決した参院議員はなおさらだ。報道では、そうした“近親憎悪”が合流の障害だと伝えられているが、野党関係者が言うように、問題はそれだけじゃないようだ。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。