賠償金5億円も…自動車保険、保険金足りず自腹?保険会社によって過失割合が変わる?

       

 昨年、高齢ドライバーが起こした事故で、幼い子供たちが犠牲になる報道が相次ぎました。突然、最愛の我が子を亡くされた方には、どんなにお辛いことかと思います。またおケガをされ、重度の後遺症を抱えている方や精神的なショックから立ち直れない方もいらっしゃることでしょう。一日も早く回復されることを心からお祈り申し上げます。

 警察庁によれば、平成31年1月1日から令和元年12月31日まで全国の交通事故死者数は3215人、平成22年から10年連続で死亡事故が減少していることが発表されました。とはいえ、この数字の陰にどれだけの涙が流されていることでしょう。肉体的・精神的被害は決してお金で癒やすことはできません。しかし、無神経と非難されることを承知でいえば、時間経過とともに被害者の方も賠償問題に向き合わなければならないのも現実です。

 高齢者暴走ドライバーによる事故の報道を受け、自動車保険の見直しが全国的に広がっています。筆者の元には、「加害者にも被害者にもなりたくない」という声とともに、自動車保険に関する多くの疑問が寄せられています。そこで今回は、それらのなかで一般の人々から誤解されやすい疑問を集めてみました。

Q1:被害状態は同じようでも、賠償金額が違うケースがあるのはなぜ? この違いって、本当は保険会社や担当者の力の差?

「過失割合に納得いかない」「自分の保険会社の担当者が、相手側の担当者に押し切られた」という話はよく聞きます。「交通事故の賠償金の算定は、各保険会社がそれぞれに決めた自社基準に基づいて、相手の保険会社と駆け引きをするから、結局、担当者のやり方次第で優位になる」と思われがちです。この疑問に関しては、交通事故裁判の関係者に取材をした筆者がお答えします。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。