日本人が知らないラスベガスの変貌…世界一のアミューズメント都市・完全ガイド

       

 11月17日15時30分、ラスベガス大通りにあるフェスティバルグラウンズ(お祭り広場)に待機していた数万人が先頭から数十名ずつのグループに分けられ、出走を始めた。ラスベガスにとっては市を挙げての一大イベント、「ラスベガス・ロックンロールマラソン」の開幕だ。

 日本ではまだあまり知られていないが、ロックンロールマラソンは沿道各地で音楽バンドやチアリーダーが応援しレースを盛り上げるというイベントで、1998年6月21日に米国カリフォルニア州サンディエゴで最初のレースが行われ、現在は世界30以上の都市で行われている、世界中で今大人気のマラソンだ。ラスベガスのロックンロールマラソンもそのひとつで、出場者約4万5000人、その規模は世界最大。ラスベガスの市民も一体となって参加する。

 前日には大会のスポンサーが世界最大の展示場「ラスベガスコンベンションセンター」で一堂に会し、ウエルネス(広い意味での健康)関連のグッズなどを販売。出走予定地の「お祭り広場」ではコンサートが行われ、前夜祭は熱狂の渦に巻き込まれる。大きなイベントにビジネスを結び付けるところにラスベガスらしさがある。

 出走当日。コースはフルマラソン、ハーフマラソン、10キロマラソンの3コ―ス。筆者も10キロマラソンに参加した。

 ラスベガスは南北に走るラスベガス大通りに沿って町が広がっており、ラスベガスブールバード(大通り)とフリーモントストリートが接触する町の北側が「ダウンタウン」、ランドマークとなっている「ストラトスフィアータワー」から南のマンダレイベイまでの約4.2マイル(約6.7㎞)の繁華街を「ストリップ(細長い一片)」と呼んでいる。10キロマラソンは、このストリップの北部にある「お祭り広場」からダウンタウンを経由して、再びストリップの中心街へと向かうコースとなっている。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。