カジノ管理委員会にフリー記者4人が申し入れ…「記者クラブ加盟社の記者と同等に」

 前回の記事で、安倍晋三首相の記者会見が「主演・安倍首相 共演・記者クラブ」の茶番劇であり、そこにフリーランスが参加して本音を聞き出すことが重要だと解説した。

 立法、行政、司法の主要な建物に記者クラブが置かれている日本。取材対象者と取材者が一緒に勤務しているような環境で、癒着が生まれないはずがない。

 2020年1月7日、カジノ管理委員会が内閣府の外局として発足した。1月10日、カジノ管理委員会は初会合を開き、続いて北村道夫委員長(元福岡高検検事長)が記者会見を行った。

 カジノ管理委員会事務局(以下、事務局)によると、「記者会見開催は内閣府の記者クラブの掲示板で通知しました」という。つまり、北村委員長は記者クラブのみを対象に記者会見する予定だったのである。ネットメディアや外国人記者、フリーランスも対象とするならば、安倍首相の記者会見のようにホームページで通知しなければならない。

 ところが、ハプニングが起きる。

「記者クラブから記者会見開催の情報を入手したフリーランスが『自分も参加したい』と電話してきたんです。どのような記事を執筆しているのか聞いて参加を許可しました」(事務局)

 安倍首相以下の各大臣の記者会見にもフリーランスが参加している。北村委員長の記者会見にフリーランスが参加できない理由はない。今後、カジノ管理委員会が記者会見を行う場合、正々堂々とホームページで通知するべきだ。

カジノ管理委員長の記者会見録は未公開

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。