日本列島、コロナ禍と地震頻発のダブル危機…房総半島直下に要注意か

 ゴールデンウィーク終盤の5月4日22時7分と、6日未明の1時57分、スマホから緊急地震警報が発出された。4日の地震は千葉県北東部で震源の深さは48km、マグニチュード(M)5.6で、最大震度4。6日の地震は千葉県北西部で震源の深さは70km、M5.0で、最大震度4だった。今年に入って、緊急地震警報が発出されたのはすでに8回目である。

 今年1月から最大震度3以上の地震を数えると64回。これは果たして多いのか、それとも例年並みなのか。武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)に話を聞いた。

「緊急地震警報が二晩続きましたね。4日は千葉県北東部の房総半島のへり、6日は場所が違って、千葉県北西部でしたが、やはり房総半島のへりでした。どちらも最大震度は4でしたが、最大震度5を超えると大きな被害が出ます。今年は例年より地震が多いですが、それには理由があります。関東大震災の後、約90年間静かでしたが、それが終わって普通の状態、いわば地震の多い状態に戻りかけているからです。

 昨年はGW明けの時点で最大震度3以上の地震は45回でしたが、今年はすでに60回を超えています。江戸時代の慶長三陸地震(1611年12月2日、M8.1)の後、約90年間続いた静かな時代が、元禄関東地震(1703年12月31日、M8.1)の発生後70年間は静かで、その後、普通の状態に戻ったように、関東大震災(1923年9月1日、M7.9)の後、約90年続いた静かな時代が普通の状態に戻るきっかけが、2011年3月11日の東日本大震災だったからです」(島村氏)


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。