ZOZO、増収増益も成長鈍化が鮮明…ZHD傘下でも期初計画は未達、ゾゾタウン再建が急務

 衣料品通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOの成長鈍化が鮮明だ。2020 年3月期連結決算は、売上高が前期比6.0%増の1255億円、営業利益が8.7%増の278億円、純利益が17.6%増の188億円だった。増収増益ではあるが、売上高は19年3月期の増収率(20.3%)を大きく下回り、営業利益と純利益は共に18年3月期(営業利益326億円、純利益201億円)を下回っている。商品取扱高も伸び悩み、6.6%増の3450億円にとどまった。

 期初計画は未達だ。売上高は1360億円を見込んでいたが、同計画比で7.7%下回った。営業利益は同12.8%、純利益は同16.4%、それぞれ下回った。商品取扱高も期初計画に達していない。3670億円を見込んでいたが、同6%下回った。同社は理由として、消費増税後の消費低迷に加え、台風など天候不順や暖冬の影響により、高単価の季節性商品の販売が低調に推移したことを挙げている。

 このことは、四半期ごとの商品取扱高の前年同期からの増加率を見てみるとよくわかる。第1四半期(19年4~6月)の増加率は13.1%、第2四半期(19年7~9月)が12.6%と、それぞれ大きく伸びていた。しかし、第3四半期(19年10~12月)は0.3%(前年同期は21.0%)の微増にとどまった。19年10月に各地で記録的豪雨をもたらした台風19号や暖冬の影響が色濃く出たためだ。第4四半期(20年1~3月)も、暖冬の影響で増加率は3.2%(同20.1%)と伸び悩んでいる。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。