東電、会長“不在”の異常事態、引き受けておらず…原発の廃炉・汚染水・賠償等の難題山積

 東京電力ホールディングス(HD)は会長のポストが6月から空席となる。日立製作所出身の川村隆会長(80)が高齢を理由に退任するのに伴い後任を探したが、有力候補者に断わられ続け、引き受け手なしとなった。会長が空席のまま原発の廃炉や再稼働など、難しい課題に立ち向かうことになる。

 小早川智明社長(56)は続投する。川村氏が務めていた取締役会議長は元三井物産会長で東電社外取締役の槍田松瑩(うつだ・しょうえい)氏(77)が兼任する。取締役会議長も重責である。福島第1原発事故で事実上国有化されて以降、会長は社外から招聘してきた。最初に会長の椅子に座ったのは弁護士の下河辺和彦氏(12~14年)。産業再生機構社外取締役・産業再生委員として、多くの企業再生を手がけた実績をもつ。「官僚より官僚的」といわれた東電のガバナンス(企業統治)改革を主張。東電の総務や企画など守旧派のエリート集団の解体を狙った。これが激しい軋轢を生む。

 14年に会長になった數土(すど)文夫氏の時代は社内融和は一段と難しくなった。JFEホールディングス出身の數土会長と廣瀬直己社長(当時)の確執は社内外で広く知られるところとなった。16年3月、數土会長は廣瀬社長を交代させようとしたが、東電OBらが官邸や自民党に根回しし、これを阻止。廣瀬氏は続投する。

 リーマン・ショックで経営危機に陥った日立製作所の業績をV字回復させた手腕を買われ、川村隆・日立製作所名誉会長にお鉢が回ってきた。経産省が設置した「東京電力改革・1F問題委員会」のメンバーとなってワンクッション置いた後、17年6月に川村氏が新会長に就いた。數土会長は廣瀬社長と刺し違えるかたちで辞任した。後任の社長に53歳の小早川取締役(当時は東京電力エナジーパートナー社長)を昇格させ、一気に若返りを図る。小早川氏は東電の主流である総務や企画出身ではなく、法人営業の経験が長かった。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。