ユニクロに「ウイグル人強制労働に関与」疑惑について直撃…ウイグル協会「説明は不十分」

 弊社では引き続き、製品が倫理的な環境で生産されていることを確認するため、サプライチェーン全体のデューディリジェンスを実施しています。万一、報道されているような強制労働が確認された場合には、取引先工場に対し、当該サプライヤーとの取引停止を求めます」(ファーストリテイリング広報)

「個別素材の産地について詳細は差し控えますが、現在ユニクロでは、国際基準に則って、農家における強制労働や児童労働がなく、人権や労働環境が適正に守られていることが確認された、サステナブルコットンのみ使用しておりますことをご案内申し上げます」(ユニクロカスタマーセンター)

日本ウイグル協会「説明としては不十分」

 つまり、「過去にはウイグル産の綿を使用していたが、今は使用していない」「強制労働には関与していない」というものだ。この回答について、あらためて日本ウイグル協会理事のレテプ・アフメット氏に話を聞いた。

「世界的なサプライチェーンを持つ企業が、人権をないがしろにした方法で労働力を動員し、製品をつくっているのではないか。そういう疑惑は、ここ数年、欧米で頻繁に指摘されています。ウイグル人の強制労働疑惑もその中のひとつです。

 一方で欧米のメディアは、これまでたびたびユニクロや無印良品の製品に関し、ウイグル人による強制労働の疑惑を報じてきました。ユニクロからの回答は非常にあっさりした内容で、現時点で取引している現地企業はないというものでした。まともな回答にはなっていなかったと考えています。少なくとも、つい最近までユニクロと無印は『新疆綿』を謳う商品を売り出していました。それに対する説明としては不十分だと思います。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。