信越化学工業、超高収益企業の秘密…「多品種少量生産」「世界シェア首位」で値崩れと無縁

       

 信越化学工業が次世代通信規格「5G」向けの電子材料を相次いで発売した。5Gの通信速度は現行の4Gと比べて100倍。高速・大容量の5Gの特長を存分に発揮できる素材が求められる。プリント基板や基地局のアンテナに使える材料として3つの製品を開発。21年に量産化を目指す。

 ひとつは「石英クロス」。5Gは高周波の電波を使うため、電気信号が損失しやすい性質を持つ。従来の配線基板で使う樹脂では通信性能を維持するのが難しいとされてきた。石英クロスは極細の石英の糸を原料とし、配線基板の材料として使えば信号の損失を大きく減らすことができる。

 5G対応の半導体ウエハー向けには表面に窒化ガリウム(GaN)層を形成した製品を開発した。スマートフォンなどへの搭載を働きかける。

年間配当は前期比20円増の1株当たり240円

 10月27日、2021年3月期の連結決算の予想を公表した。売上高は前期比7.4%減の1兆4300億円、営業利益は7.2%減の3770億円、純利益は9.9%減の2830億円を見込む。純利益は市場平均(QUICKコンセンサス)の2939億円(6%減)を下回る。ただ、前期に計上した政策保有株の売却益(78億円)を除くと、市場の期待通りの着地となる。

 期末配当金は、第2四半期末配当金(110円)から20円増やし、1株当たり130円とする。年間の配当の合計は前期の220円に対して20円増の同240円となり、6期連続の増配となる見通しだ。年間配当は6年で2.4倍となる。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。