三菱銀行出身者しか頭取にしてはならぬ!半沢頭取に沸く三菱UFJ銀行の“鉄の不文律”

またもや、“三菱銀行出身者”が頭取に就任

 TBSドラマのあの「半沢直樹」のモデルと噂されていた半沢淳一氏が、三菱UFJ銀行の次期頭取に内定したとの報道が駆け巡った。

 小説『半沢直樹』シリーズの著者で、半沢氏と同期入行の池井戸潤氏は、半沢氏がモデルであることをやんわり否定しているが、ともあれ、三菱UFJ銀行のイメージアップに寄与することは間違いない。

 三菱UFJ銀行(旧称・三菱東京UFJ銀行)は、2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併してできた銀行である。さらにいえば、東京三菱銀行は1996年に東京銀行と三菱銀行が、UFJ銀行は2002年に三和銀行と東海銀行が合併してできた銀行なので、母体の銀行は4つあるのだが、この銀行は誕生以来、ただひとりを除いて、すべて三菱銀行出身者が頭取に就いている。

 たとえばみずほ銀行の場合、第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行出身者がほぼ交互に頭取を務めている。しかし、三菱UFJ銀行は基本的に、三菱銀行出身者しか頭取に就いていないのである。

「三菱銀行以外」からの出身者のカラクリ……“血”はむしろ非常に濃い三菱系

 三菱銀行が東京銀行と合併してできた東京三菱銀行の初代頭取は、東京銀行頭取の高垣佑(たかがき・たすく)だった。

 その高垣が唯一の例外である。それ以降、東京三菱銀行(三菱銀行)は、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)と経営統合しようが、UFJ銀行と合併しようが、頭取の席は他行出身者に譲らず、かたくなに三菱銀行出身者が守り通してきた。まことにアッパレというほかない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク