格安スマホ会社のインターネットイニシアティブ(IIJ)が6月28日付の人事で、昨年のNTTなどによる接待問題を受けて辞職した元総務審議官、谷脇康彦氏を副社長に迎え入れることを発表したことが携帯電話業界で話題となっている。谷脇氏は「携帯電話料金値下げの鬼」との異名を取る剛腕官僚として鳴らしたが、IIJはNTTの関連会社であり、「さすがに非常識だ」との批判も上がる。

谷脇氏、総務次官確実視も週刊誌報道で失脚

 谷脇氏は1984年に旧郵政省(現総務省)に入省し、海外勤務を経て2005年に帰国してからは、携帯大手による硬直した国内市場の改革に取り組んできた。まず、帰国直後に携帯会社が販売代理店に支払う奨励金廃止などの施策を打ち出し、各社の業績を軒並み押し下げたため、「谷脇不況」と恐れられた。その後は、NTTドコモなど大手3社からの乗り換え先として格安スマホ会社の参入も積極的に推進するなど、一貫して携帯料金引き下げをライフワークとしてきた。

「総務省のドン」である菅義偉前首相が信頼する有力官僚として旧郵政系トップの総務審議官にまで上り詰めた。「21年9月に始動したデジタル庁の舵取りを担うために総務次官就任が確実視されていた」(総務省幹部)が、同年3月にNTTなどとの接待問題が「週刊文春」(文藝春秋)の報道により発覚したことで21年夏、退官に追い込まれた。先の総務省幹部は「一つの国会で2本、3本と法案を通せる凄腕で余人に代えがたかった。彼の失脚で日本のデジタル化は10年は遅れた」と話す。