36歳・押切もえが暴走開始?突然の交際告白の「真相」…事務所も大慌て

 人気モデルの押切もえが、プロ野球選手の涌井秀章投手(千葉ロッテマリーンズ)との交際を発表した。交際は昨年11月に始まったばかりで、メディアにキャッチされたわけでもないなかでの異例の早期発表となった。

 突然の発表の場となったのは、今月15日の「ディーアップマスカラ」シリーズの新CM発表会で、妊娠5カ月目の釈由美子に押切が「幸せになる秘訣を教えてもらう」という主旨のイベントだった。この時の囲み会見で突如、押切が「好きな人がいます」と告白。さらに「黙っていたら、不幸キャラにさせられちゃったから」と、イベント主旨に反旗をひるがえすかのような発言を展開した。

「押切さんの独断による発言です。仕事とはいえ、さすがの押切さんも“モテない女”“結婚できない女”というイメージを受け入れるのは悔しかったのでしょうね。つい、はずみで言ってしまったようです」(イベント関係者)

 また、スポーツ紙記者は語る。

「押切ほどの人気タレントであれば、結婚が決まるまで交際は隠し通そうとします。まだ交際が始まったばかりなのに、メディアにスクープされる前に交際発言してしまうなど極めて異例です。ついに押切も暴走し始めたのかとも思いましたが、この発言を受け、スポーツ紙各紙はその相手が誰なのかを探るべく一斉に取材に走りました。言い出しっぺがタレント自身ですから、事務所も大慌てです。結果的に、事務所が本人に事実確認して、ロッテ側と話をつけて、スポーツ紙への一斉発表になりました」

●突然の告白の理由

 では、押切の背中を押したものは、なんなのだろうか。

「女性の20代後半~30代後半は、結婚を焦る時期です。とくに30代後半になると、出産に対する焦りも同時に生まれてきます。そういう時期に“周りを固める”という手段をとる方が多いのも事実です。この方法で、迅速に結婚に向かうケースが多いのです。一般の方の場合は、双方の家族や親族、友人などに互いの存在を認めてもらうということなのですが、著名人の方にとっては、交際していることを公にするということが、それに当てはまります。一度公言してしまったことを撤回するのは恥ですし、もしかしたら仕事にも影響を及ぼすかもしれません。ですから今回の告白によって、押切さんの結婚が早まるかもしれません」(大手結婚紹介所社員)

 押切といえば、20代はファッション誌「CanCam」の専属モデルとして、同じ事務所の蛯原友里と“エビもえ”として絶大な人気を誇った。2009年12月には、蛯原がRIP SLYMEのILMARIと結婚。昨年11月には第1子出産と、私生活の変化によって徐々に互いの仕事の方向性にも違いが出てきて、2人が揃うシーンはあまり見かけなくなった。

 ママモデルとしての王道を歩むと思われる蛯原に対し、押切はその美貌ながら、ときに「男運がない」「幸せになれない」というレッテルが貼られ、テレビ番組などでもそのような扱われ方をされることもあった。

 押切は、20歳の時に恋人を不慮の事故で亡くし、05年から約4年交際した元プロ野球選手の野間口貴彦氏との破局し、その後は浮いた話題はなかった。ぜひとも押切には、今度こそ涌井と“ゴールイン”して幸せをつかんでほしいものだ。
(文=編集部)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。