「そして、誰も見なくなった」!? 競馬に強い男・藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』右肩下がりの「根本的原因」と戦犯?

 俳優の藤原竜也といえば、休日は東京競馬場に行って馬券を買い、夜はナイターを見ながらビールを飲み、寿司屋に行くというなんとも“オヤジ”な生活でも有名だが、以前テレビ番組の企画で単勝1点買いを大当たりさせるなど、その勝負強さは本物だ。

 しかし、現在放送中の主演ドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)の数字がどうも芳しくない。31日に放送された第3話は平均視聴率7.2%(ビデオリサーチ社調べ、関東地区/以下同)で、1話の10.7%、2話の8.6%からさらに下落してしまった。

 視聴者の同作に関しての賛否は真っ二つ。「毎週楽しみにしてる」「今クール唯一面白いドラマ」という声もあれば「脚本がひどい」「強引なシナリオ」「日曜の夜中に暗すぎる内容」と批判のコメントも散見されている。

 ドラマタイトルを揶揄して「そして、誰も見なくなった」「出演者の前に視聴者が消えそう」という声もあるが、藤原の演技に関してはどうなのだろうか。

「映画、舞台であれば藤原さんの演技は常に一定の評価なんですが、ドラマだとそうでもないようです。『毎回同じ』という声は非常に多いですよ。3話の最後に絶叫するシーンがありますが、まさに『カイジ』そのものといいますか……テレビサイズの役者ではないのかもしれません」(記者)

 藤原の演技に関しては以前より似たようなことを言われていたが、今回もそれは同じということか。ただ、やはりどちらかというと脚本への文句のほうが多い様子である。

 また、意外な人物への批判も多く散見されているようで……。

「藤原さんの婚約者を演じている二階堂ふみさんの演技が『ちょっと下手すぎないか』『映画ではそんなことないのに』という声も多いですね。10代から多数の映画に出演し賞も獲得していますから期待が大きい分、ガッカリの声もあるということでしょう」(同)

 3話にきて徐々に暗雲が垂れ込めてきた『そして、誰もいなくなった』。視聴者が揶揄するような状況にならないためにも、藤原には競馬で見せたような「勝負強さ」を示していただきたい。

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2016年8月1日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら