安倍政権、中国による日本人拘束問題を放置…北朝鮮拉致問題でも直接交渉せず

 中国の李克強首相が5月8日、「やっと」来日した。「やっと」と断りを入れたのは、2013年3月の就任以来初来日だからだ。中国首相としては7年ぶりとなる。

 なぜ隣国同士にもかかわらず、これほど空白期間が長くなったのか。日本政府が12年、尖閣諸島を国有化したのを機に中国各地で反日デモが吹き荒れ、日中は一触即発状態に陥っていたからだ。しかし、両国は今年の平和友好条約締結40周年という好機を見据えて、今回の李首相来日に「やっと」こぎ着けた。

 この「そろり」とした歩み寄りの背景には、中国側の事情もある。勢いのあった経済成長のスピードが以前より鈍化、さらにアメリカとの貿易摩擦もあり、中国は日本と連携することで「中国は保護貿易主義」との主張を強めるトランプ政権をけん制できる。さらに習近平体制が推進するシルクロード経済圏構想「一帯一路」に日本の協力も不可欠だ。そこで、年内に習主席が訪日して日中関係を強化するため、その地ならしとして李首相が来日したのだ。

 そうしたなか、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談が注目されている。その前段として5月、米国のポンペオ国務長官が訪朝し、北朝鮮に拘束されていた米国人3人を連れ戻した。ここで日本人なら当然、日本人の北朝鮮拉致被害者は今後、どうなるのかという思いに至る。

●政府、具体的情報を把握できず

 さらに、中国に15年以降拘束され起訴されている日本人8人の安否も心配される。いずれも「スパイもしくは、その疑い。中国に損害を与える可能性」という理由での拘束だ。すでに一部は裁判にかけられているが、その詳細と実態について中国はまったく非公表で、皆目わからないのが現状だ。日本政府も外務省や日中団体などを通して手を尽くしているというが、進展なしだ。

 この8人のなかには一昨年、北京の空港で突然身柄を拘束され、「国家の安全に危害を与えた疑い」で調べられていたS氏もいる。拘束されてから丸2年が経過し、昨年2月、中国政府から「逮捕」と正式に日本政府に報告があり裁判も行われたという。だが、どういう罪状で、どういう経緯なのかまったく不明だ。

 S氏を知る人物は言う。

「拘束嫌疑は『国家の安全に危害を与えた疑い』で漠然としたまま。中国は14年11月に反スパイ法を施行し、外国人の中国国内での活動への監視を強めていたなかで、容疑をかけられたといわれるが、具体的内容は外務省も公安も警察庁も把握していない」

 S氏は1980年代から100回以上、中国と日本を行き来していた。さらに北京には6年間滞在し、中国の大学で日本語を教えていた。教え子には今や中国政府内に勤務するスタッフも数多くいる。さらには小渕恵三元首相が発足させた日中緑化交流基金が進める中国奥地の砂漠緑化のための植林活動にも積極的に参加、日中友好の懸け橋役も担っていた。日本が第二次大戦中にアジア諸国を侵略したことを認め公式に謝罪した村山談話(1995年)を発表し、中国でも一目置かれる村山富市元首相とも近い仲だった。

 S氏が拘束された当時、S氏の恩師で日中友好において大きな役割を果たしてきたA氏もこう語っていた。

「なぜだ。心配だ。彼もいろいろ動きすぎたのが原因か」

 そしてS氏が拘束された最大の理由として中国人脈に触れ、こう漏らした。

「Sは拘束前から、中国で時の政権に敵対的な某氏との関係を取沙汰されていたことは気になっていた。でも、Sはそんな男ではない。それだけに拘束はショックだった。とにかく解放に向けて何かできないか」

 A氏は日中友好関連では数百回にわたり訪中し、S氏は中国問題についてA氏の薫陶を受け、何かと相談をしてきた恩師である。そしてA氏は中国要人らにも覚えがめでたく、習主席や李首相とは若い頃から面識があったほどだ。しかし、こうしたA氏ら日中友好団体関係者らの動きもむなしくS氏やほかの日本人拘束者の解放どころか、その後の中国内の逮捕後の詳細は一切キャッチできない。

●日本政府からの働きかけなし

 4月の南北首脳会談で、北朝鮮の金委員長が韓国の文在寅大統領に「(日本人の拉致問題について)なぜ、日本は直接言ってこないのか」と語っていたことが、国内一部メディアの取材で明らかになった。金委員長は文大統領に「韓国やアメリカなど周辺が言ってきているが、日本政府からの働きかけはゼロ。なぜだ」と漏らしたという。

 こうした日本の姿勢は、北朝鮮の拉致問題ばかりではなく、中国での拘束問題でも同じといえるだろう。S氏は拘束直前、周辺にこう漏らしていたという。

「つい最近、おふくろが亡くなった。そのおふくろも亡くなる前後まで、中国を往復する仕事を心配していた。僕も、そろそろ腰を落ち着け、安心させたかったが……」

 S氏の拘束に対しさまざまな取り組みを行っていたA氏は昨秋、出張先で急逝。A氏は死の直前まで「あのバカ野郎」とS氏の今後に心を痛めていたという。S氏ばかりではない。今、中国に曖昧に拘束されている人たちの家族や友人らは、一様に心を痛めている。

 安倍首相は今回、来日した李首相に尖閣問題とあわせ、中国による日本人拘束の問題を問いかけたが、暖簾に腕押し状態だったともいわれる。日本政府には、李首相の来日、米朝会談を最大の好機として、中国拘束者らの解放と北朝鮮拉致被害者の解放に政権の命運をかけるほどの真剣さで取り組むことを望みたい。
(文=田村建雄/ジャーナリスト)

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「安倍政権、中国による日本人拘束問題を放置…北朝鮮拉致問題でも直接交渉せず」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    安倍が拉致問題でしたことは、国民には一生懸命に取り組んでいるふりをしたことと、政治宣伝に徹底的に利用したこと。マスコミがその使命を果たさないから悪辣安倍がやりたい放題。

    3
  • 匿名さん 通報

    アメリカにドヤされ、松茸密輸立件で拉致交渉を自らおじゃんにした安倍がやる気などある筈ない。米朝会談お流れを誰よりも強く祈っているのは彼だろう。

    2
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。