剛力彩芽、ゾゾタウン前澤社長との交際の最悪シナリオ

 4月26日発売の一部週刊誌で初ロマンスを報じられた女優の剛力彩芽。お相手は、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の運営会社スタートトゥデイの前澤友作社長だ。報道後、前澤氏がツイッターで真剣交際である旨を発表すると、剛力もインスタグラムで交際を認めた。

 剛力25歳、前澤氏42歳という17歳の年齢差もインパクトはあったが、そもそも前澤氏といえば、大リーガー・ダルビッシュ有選手の前妻であるタレント・紗栄子の元カレとして有名だ。

 2人の恋のゆくえについては、剛力のファンはもちろん、所属するオスカープロモーション関係者も心配しているかもしれない。一部では「ZOZOイヤー」ともいわれる2020年結婚説も報じられているが、ある芸能事務所関係者は否定的な見方を示す。

「女優や女性タレントは、得てして男問題でその価値がどんどん下がってくるものです。だからといって、25歳にもなった女性に恋愛禁止とか、結婚禁止なんていう権利は事務所にもありません。ただ、キレイなまま結婚して、ひとりの男性に添い遂げてくれるのが理想です。やはり芸能人の商品価値はイメージに比例しますから、クリーンなイメージが1番です。剛力さんの場合は、これが初ロマンス。表面上はオスカーも公認ということになっていますが、ちゃんと結婚してくれるかハラハラしていると思いますよ」

 交際して、結婚という順番は一般的には当たり前のことかもしれないが、前澤氏の場合、これが最大の懸念事項。紗栄子との交際中に「結婚はしない主義」と公言しており、結婚は一度もしたことはないが、子どもは3人いる。そんな前澤氏の“ポリシー”を、剛力が打ち崩せるのかどうかが大きな課題となってくる。

 そんな前澤社長は今月3日、新たに立ち上げたプライベートブランド「ZOZO」の初めてのフォーマルファッションとなるメンズオーダーメイドスーツ、ドレスシャツ、ネクタイの販売開始と、72の国と地域に向けて世界展開をスタートするとして記者会見を都内で開いた。会見場にいたテレビ局関係者は、前澤氏の魅力をこう語る。

「プレゼンは最初から最後まで前澤社長ひとりで行って、ほぼ“オンステージ”状態。世界進出への展望を語る時は、つぶらな瞳をキラキラと輝かせていました。ただ、記者との質疑応答で、あいまいな答えが目立ったり、具体性のない展望を語ったりしているところはありました。前澤氏は、2019年3月期の売上目標200億円という企業をけん引していながら、社員に対してもとてもフレンドリーで、親しみが持てるキャラクターですから、彼に引かれる若い女性は多いでしょう」

●事務所が恋愛を黙認するワケ

 仕事は絶好調で、新たな展開に次々と挑戦している多忙な前澤氏が、剛力の将来を考えている余裕はあるのだろうか。前出の芸能事務所関係者は、オスカー側の事情をこう解説する。

「オスカーでは、武井咲も出産したばかりで仕事はセーブしながらという状況で、上戸彩もまだ子どもが小さいので無理がききません。同世代では忽那汐里がハリウッドデビューするなど、世界を目指してがんばってはいますが、パンチの効いた若手がまだ育ちきっていないところですから、剛力の恋愛は大きな痛手だと思いますよ。

 前澤さん相手だと、結婚しないまま剛力が妊娠する可能性もないとはいえません。しかし、オスカーがあまり強く出られないのにはビジネス上の“事情”があります。相手は大きなスポンサーでもあるからです。今、アパレル業界で『ZOZO』の存在は大きいです。剛力次第では、ほかの若手タレントたちの大きな後ろ盾にもなり得ます。長く、広い目で見ればオスカーにとってもビッグチャンスといえます。

 とはいえ、紗栄子の時のようにあっさり別れられたら、主要タレントに傷をつけられたうえ、その後の仕事にもつながらないのではマイナスしかありません。男女の関係なんてどうなるかわからないですから、事務所としても結婚してくれるまでは安心できないわけです」

 2016年にはトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、まだ独身だった武井咲と一緒に共演し、「結婚にこだわらない」という武井に対し、「結婚したい。家族は欲しい」と強い願望を語っていた剛力。なんとしても“ゴールイン”してもらいたい。
(文=編集部)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。