インスタが、新たな動画アプリを「あえて」別アプリとしてリリースした巧妙な戦略

 Instagramは米国時間6月20日、月間アクティブユーザー数が10億人を突破したことを発表した。Facebook本体のアプリは20億人を超えているが、より機能がシンプルな写真と動画の共有アプリが、多機能なFacebookの半分ものアクティブユーザーを獲得している点で、Instagramのモバイル時代をとらえた展開が成功していることを象徴している。

 同時に、Instagramは「IGTV」という新しいアプリを発表した。このアプリは、Instagramプラットホームにおいて1分以上の長いビデオを流通させる仕組みだ。Instagramとは別のアプリとして提供されるが、アカウントやユーザー間のフォローの関係はInstagram本体のものと共通。IGTVは動画の視聴が主体験となるが、チャンネルを開設することで、通常のユーザーは10分、一部のクリエイターには最大1時間のビデオを投稿することができるようになる。

 投稿されたビデオは、IGTVだけでなくInstagram本体のアプリでも表示できる。ただし、Instagramのような動画編集機能は用意されておらず、あくまでライブで動画を撮影するか、別のアプリやパソコンなどで編集されたビデオを投稿することが前提となっている。

●現状は広告なしだが

 IGTVは現状、広告が入らない。しかしInstagramは今後、クリエイターが収益を得る手段を提供することを明かしている。クリエイターが収益を得るプラットホームとしては、YouTubeが主だ。チャンネル登録者数が1000人を超えると広告による収益を上げることができるようになり、再生時間と回数で収入が得られる。InstagramがIGTVでYouTubeと同様のモデルを構築するかどうかは不明だが、まったく異なる方法を考えるかもしれない。

 一つは広告主とクリエイターにマッチングの場を用意するモデルだ。すでに認知されているInstagramのインフルエンサーを起用したい企業やブランドとの間で、IGTVを通じて取引を行い、Instagramはその手数料を得るという仕組みだ。あるいは、ユーザーが直接、クリエイターに対してお金を支払うモデルを用意することも考えられる。いずれにしても、後発のプラットホームであるため、YouTubeと同じことをしても成功しにくい。新しい文化をつくるような取り組みを試しながら、新しい動画の場としての存在感を醸成していくことになるだろう。

●アプリを分けた裏には戦略がある

 Instagramは、IGTVを別のアプリとしてリリースしたが、Instagramアプリ内でも再生可能であるため、必ずしもIGTVをダウンロードしなくても動画が楽しめる。それでもアプリを分けた理由についても、いくつかの戦略が透けて見える。

 一つは、既存のビジネスモデルとは異なるエコシステムをつくろうとしている点だ。現状、Instagramは一般ユーザーと企業広告主という2つのプレイヤーしか存在せず、一般ユーザーは無料であらゆるコンテンツの閲覧や投稿が可能で、広告主はコストを支払って、ターゲットに対して広告を表示させる仕組みを利用できる。

 しかしIGTVには、今後コンテンツ制作で収益を上げていくことになるクリエイターやインフルエンサーという新しい役割が登場する。彼らがコンテンツを投稿したり、さまざまな管理を行うためのアプリとして、Instagram本体とは別のアプリとしてリリースしたことが考えられる。

 もう一つは、スマホ中毒回避の流れだ。IGTVによって1分以上、最長1時間のビデオがInstagramに流れてくることになる。本体のアプリの中で長い時間の動画視聴が定着することで、Instagramのアプリ使用時間は延びることが期待できる。

 しかしAppleGoogleは、ユーザーのスマホ利用時間を減少させようとしており、アプリごとの使用時間制限を施す機能まで導入した。そしてスマホ中毒対策やデジタルデトックスで真っ先に制限がかけられそうなのが、InstagramやSnapchatなどの若者向けSNSアプリだ。使用時間が長くなる動画視聴を別のアプリにすることで、Instagram本体の使用時間を“見かけ上”長くならないようにする狙いも透けて見える。

 もちろんこのことは、Instagramに広告を出稿している広告主に対しても、動画視聴で広告が見てもらえなくなったり、アプリ使用時間制限で広告表示機会が失われる可能性を最小限にとどめる施策としてアピールできる。

 InstagramはSnapchatが導入した24時間で写真やビデオが消えるストーリーズをコピーし、Snapchatへの若者の流出を抑えた。今度はビデオプラットホームに取り組み、場合によってはYouTubeよりも高いブランド価値を保ちながら収益を上げる、モバイルビデオのスタンダードの地位を獲得するかもしれない。

 YouTubeを手がけるGoogleは、Instagramのようになりふり構わずIGTVを分析して対抗しない限り、その流れを止められないのではないだろうか。
(文=松村太郎/ITジャーナリスト)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 動画 アニメ
  2. 動画 ドラマ
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2018年7月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「動画 + アニメ」のおすすめ記事

「動画 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら