満島ひかり・真之介の悪しき評判…姉は「性格」、弟は「酒グセ」に懸念の声

 満島ひかりの元夫で映画監督の石井裕也氏と女優の相楽樹が6月に“できちゃった結婚”を発表し、世間を驚かせた。相楽は期待の若手女優だっただけに、石井氏に対しては批判も多いようだが、それは2010年に満島と結婚した当時も同じだったという。

 満島は16年に石井氏と離婚した後も仕事は順調で、プライベートでは瑛太の弟である永山絢斗との交際が報じられている。むしろ離婚後のほうが女優として仕事の幅を広げているようにも見えるが、ある舞台関係者はそんな見方を真っ向から否定する。

「満島さんは独立してからわがままになったといわれていますが、前事務所のときから難しい方でしたよ。本人は悪気なくやっていることもあるので、いわゆる“天然”だとは思うのですが、それが大物女優の風格を醸し出していました。ただ、独立後の評判はやっぱり良くないですね。満島さんはスケジュール管理なども苦手なタイプでしょうから、今は混乱しているのではないでしょうか」

 満島は今年3月に所属事務所のユマニテから独立し、以降はフリーで活動していることが伝えられている。6月には、11月から出演予定だった宮藤官九郎脚本・演出の戯曲「ロミオとジュリエット」を降板したと一部で報じられた。報道によると、同作品は満島が持ち込んだ企画であるにもかかわらず、「体調不良」などの理由で降板したという。親交のある宮藤との作品ということで本人も気合いが入っていたはずだが、テレビで見せるほんわかした姿と実際の姿は違うのだろうか。

「沖縄出身らしい、独特な雰囲気はありますよね。猫をかぶっているとかではないですが……。以前に『さんまのまんま』(フジテレビ系)に弟の真之介さんと出演した際には、さんまさんへの接し方について『女を出している』という批判を浴びたように、意外とアンチも多いようです。ただ、撮影現場で何度か見かけたことがありますが、ずっと笑顔だった印象です」(芸能記者)

『さんまのまんま』では、バラエティ番組などで見せるおちゃらけキャラで盛り上げていた真之介。プライベートでは酒量が多いようで、仲間内の飲み会では「介抱するのが大変」という声も聞こえる。また、仕事の前日でも関係なく飲むようで、マネージャーやスタッフは遅刻などの心配をするのが常だという。

 多忙な2人だけにストレスがたまってしまうのかもしれないが、今後も変わらず活躍してほしいものだ。
(文=編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2018年8月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら