【宮川紗江パワハラ告発】体操協会、塚原夫妻「独裁体制」継続の方向か…内部に箝口令

 18歳の少女の告発により、日本体操界に激震が走っている――。

 29日、体操女子で2016年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江選手が記者会見を行い、宮川選手への暴力があったとして速見佑斗コーチに日本体操協会が下した無期限登録抹消処分に疑問を呈した。さらに宮川選手は、「協会から今までパワハラを受けたというふうに感じている。すごく怖かったし、このまま潰されてしまうのではないかということで、周りにも相談した」と明かしたほか、以下内容を証言した。

・速見コーチが処分を受ける前の7月中旬、協会の塚原千恵子・女子強化本部長、千恵子氏の夫で協会副会長の塚原光男氏に呼び出され、「(速見コーチに)暴力の話が出ている。認めないと厳しい状況になる。あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見コーチの100倍教えられる」と言われた。

・千恵子氏から速見コーチの暴力について証言するよう求められたが、宮川選手は「私は証言しません。ずっと前から目標に向けて計画を立ててがんばってきた。自分の考えを言える先生です。家族も先生を信頼して一緒にやっていく」と主張。すると塚原氏から「家族でどうかしている、宗教みたいだ」「五輪に出られなくなる」と言われた。

・塚原夫妻に関わりが深い朝日生命への移籍を勧められた。

・宮川選手は千恵子氏の意向を受け入れなかったことで、ナショナル選手に入っていながら「味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)」を使用できなくなった。

・宮川選手と同様に協会からパワハラを受けている選手がおり、NTCの利用制限を受けている選手やコーチは多数いる。

 この証言を受けて30日、千恵子氏は日刊スポーツの取材に対し「これでは言ったもん勝ちじゃない! もう黙ってないわよ」「悪いことはしていないし、宮川が勝手に言っていること」と発言。また光男氏も同日、自宅前に集まった報道陣に対し、「なぜ彼女が嘘を言うのかわからない」「全部嘘です」と語った。

●塚原夫妻の独裁体制、続々と証言が飛び出す

 取材する記者は語る。

「もともと30日に協会は、宮川選手の証言を否定するプレスリリースを出す予定でしたが、塚原夫妻の発言が批判を浴び、さらにレスリング協会や日本ボクシング連盟、日本大学アメフト部のパワハラ問題が相次いでいたこともあり、なんとか“宮川を潰す協会”という構図が出来上がり、そのイメージが世間に広まるのを避けるべく、具志堅幸司副会長らが主導するかたちで対処することになったのです。そして30日に緊急で開かれた協会理事らによる会議で、協会から独立した第三者委員会を立ち上げて調査することが決まったのです」

 具志堅副会長はその緊急会議後に会見を行い、「(光男氏が)あれは全部嘘だというのは、体操関係者として非常に残念な言葉」「18歳の少女が嘘をつくとは思わない」としており、塚原夫妻に厳しい姿勢を取っているようにもみえる。

 塚原夫妻といえば、光男氏が競技委員長、千恵子氏がナショナル強化部長に就任していた1991年の全日本選手権で、審判全員を2人が指導する朝日生命体操クラブOBで固め、朝日生命の選手に有利な採点を出したとして大量の選手がボイコットする事件を起こしたことで知られている。

 今回の宮川選手の告発を受け、世界大会メダリストをはじめ多くの有名体操OBたちが一斉に協会の体質や運営手法に批判の声を上げているが、協会の内情を知る関係者は語る。

「30日の緊急会議に塚原夫妻は出席しておらず、世間から協会への批判をかわすためには塚原夫妻を“切る”しかないという声も出たようですが、30年にわたって協会を牛耳ってきた塚原夫妻の影響力はあまりに大きく、シンパも多いので、これを契機に2人を排除できるかは微妙というか、難しいでしょう。

(31日に)速見コーチは、処分を不服として東京地裁に行った地位保全の仮処分申し立てを取り下げることを表明し、協会からの処分を受け入れると共に謝罪文まで発表しましたが、協会サイドが速見コーチに働きかけ、登録抹消の取り消しと宮川の指導続行を認める代わりに、そうさせたともいわれています。そして、そこには塚原夫妻の意向が働いていたとみられています。日本の体操界は狭い世界なので、協会を敵に回せば、この世界でやっていくのは難しいのが現実です。まだ30代前半と若く、さらには宮川の指導を続けたい速見コーチとしては、協会の提案を受け入れざるを得なかったのは容易に想像できます」

 また、協会の内情を知る別の人物も語る。

「塚原夫妻が31日に出した声明を読めばわかるように、2人はまったく反省していません。具志堅副会長は会見で塚原夫妻を非難するかのようなポーズを見せましたが、その具志堅副会長にしても、塚原夫妻にはモノを言えるような立場ではありません。今回の件を受け、体面上は塚原夫妻に対してなんらかの処分を下すかもしれませんが、それによって2人による強権政治が終わると考えている関係者は協会内部にいないでしょう。

 現在、協会は内部の関係者たちに対し、マスコミの取材等には一切応じないよう箝口令を敷いています。もっとも、そんな箝口令がなくても、塚原夫妻による犯人探しを恐れて、誰も批判の声を上げられないでしょう」

 実際にある記者は「何人か協会の人間に取材をかけたが、全員から『話せないことになっている』と断られた」と明かすが、今こそ協会の自浄作用が問われている。
(文=編集部)

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2018年9月1日のライフスタイル記事
「【宮川紗江パワハラ告発】体操協会、塚原夫妻「独裁体制」継続の方向か…内部に箝口令」の みんなの反応 5
  • 匿名 通報

    あらら 独裁肯定の書き込みが連続3件ですか。国際ルール変更を流さず審判も牛耳り、代表選出にも強権乱用。それがOKならスポーツじゃないですよ

    3
  • 匿名さん 通報

    独裁だから全てが悪いと言う訳でもないです。全体で上手く機能すれば良い方向へ行く場合も。確か中央アジア圏の何処かの国も嘗ては独裁国家でしたが、今では犯罪も減少し国も豊かに。そのような良い例もあります。

    0
  • 匿名さん 通報

    独裁体制でも別に良いんじゃないでしょうか。一本の線路の上を真っ直ぐ進めば良いだけ。何処かで踏み間違いさえしなければ間違った方向へは行かないもの。踏み間違うと、今の日本みたいに恐ろしい国になりますが。

    0
  • 匿名さん 通報

    独裁が駄目で反対するなら、その人をそこまでの地位に持ち上げた人を先ず非難すること。理由なく独裁は生まれません。政治家も同じです。ある立候補者に対し、有権者が投票し当選させることで独裁が生まれるもの。

    0
  • 匿名さん 通報

    マスゴミの取り上げ方見てるだけで、そもそも怪しさ満載。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら