千葉県・柏市、アポ電詐欺に劇的効果…“柏モデル”、全国に普及の兆し

 アポ電(振り込め詐欺)は新たな手口が次々に考えられ、被害は後を絶たない。そんななか、千葉県柏市が市区町村行政では全国で初となる「柏市振り込め詐欺等被害防止等条例」を平成28年4月に施行、今年4月で4年目を迎えた。柏市は条例以外にもオリジナルの施策を展開し、“柏モデル”として評判を得ている。前回に引き続き、同市役所 総務部 防災安全課の土屋政人主幹に、取り組みと効果などを聞いた。

●小学生も犯罪防止に貢献

――条例だけでなく、オリジナルの施策を実に多種多彩に考案・実行されていると伺いました。主だったものをご紹介ください(表参照)。

土屋氏 パトロールは、これまでも行っていましたが、より訴求力を高めるようにしました。柏市では通称“サポカー”と呼ばれる青色の回転灯を装備した防犯パトロールカーを4台保有しています。従来は行政の職員の声でアナウンスを流していましたが、高齢者の方に足を止めてもらう、耳に残るような効果性の高い施策はないかと考え、小学生や声優の声で注意を呼び掛けるパトロールを平日に実施するようになりました。声優は幅広い役柄で人気を誇り、柏市にゆかりがある三石琴乃さんにお願いしました。知名度が高い三石さんのアナウンスは、市民の評判も上々です。

――「振り込め詐欺多発警報」と「振り込め詐欺被害非常事態宣言」は、何が違うのですか。

土屋氏 発令基準や期間が違いますので、それぞれ簡単に説明したいと思います。「振り込め詐欺多発警報」は、基準は7日以内に30件以上の振り込め詐欺等の予兆電話が確認され、振り込め詐欺などの被害発生が危惧される場合、または30日以内に10件以上の振り込め詐欺等の被害が発生した場合、あるいは本市と柏警察署が協議して必要と認めた場合に発令されます。発令期間は7日間ですが、本市と柏警察署が協議して必要と認めた場合は、発令期間を延長することができます。

――「振り込め詐欺被害非常事態宣言」の基準や期間はどうなっていますか。

土屋氏 基準は30日以内に15件以上の振り込め詐欺等の被害が発生した場合、または「振り込め詐欺多発警報」を発令しても被害の減少が認められない場合に発令します。期間は10日間ですが、延長要件は警報と同様です。

――昨年度の「振り込め詐欺多発警報」と「振り込め詐欺被害非常事態宣言」発令の実施状況は、いかがでしたか。

土屋氏 平成29年度は多発警報を3回、非常事態宣言は1回発令しています。そのほかにも、対策本部への情報発信は総計で29件実施し、「かしわメール配信サービス」やツイッター、ケーブルテレビ放送などで「どこどこ地区で不審な電話があった」「被害が発生した」などのリアルタイムな情報を発信するようにして、被害防止に努めています。

――対策電話機購入補助金導入の目的はなんでしょうか。

土屋氏 本人の意識だけで被害を防ぐのには限界がありますので、有効な機器で対策を図っていただきたいと思い、振り込め詐欺対策機能の付いた電話機等を購入した場合の費用の一部を補助しています。

――要件などは具体的にどうなっていますか。

土屋氏 対象機種としては、自動通話録音機能又は迷惑電話ブロック機能が付いたもので、65歳以上の柏市民で、柏市内の事業所や店舗で対象機種を購入し、本人および同居家族が市民税を滞納していないという条件で、購入費の2分の1(上限1万円)を補助しています。

――効果のほどはいかがでしたか。

土屋氏 平成28年度事業の利用者は124名で、これらの方にアンケート調査を実施し、88名から回答を得ました。回答があった全体の92%の方が、「購入して大変良かった」「良かった」と回答しています。いくら詐欺防止の事前知識があっても、実際かかってきたら、誰もが動揺するものです。こうした不安やストレスから解放されたことも大きかったのではないでしょうか。ほかにも、購入前に詐欺電話を受けていた方のうち約8割が、「購入後に詐欺電話を受けることがなくなった」と回答していることは、事業の効果を実感する結果となりました。

――アンケートには、補助制度がなければ購入したかどうかを問う質問もありますね。この結果はいかがでしたか。

土屋氏 全体の5割以上の方が「補助制度が無ければ対策電話機は買わない」と答えています。この答えは無理もないと思います。というのも、もともと固定電話機がある家庭が一般的ですから、故障でもしない限り、新たに購入しようとは思わないものです。補助制度を導入した成果を市民の方から頂戴できるのは、行政担当者としてもありがたいと思っています。

●社会全体で対応する必要性

――立派な冊子も作成されていますが、これも制作に工夫されているんですね。

土屋氏 柏市の被害データや各種詐欺の概要、撃退方法、環境対策などを盛り込んだA4サイズの全編カラー冊子を作成しました。行政ですから予算に限りがあります。そこで、民間企業に広告スペースを提供することにして、協力の下、作成しました。この冊子は講習会に参加していただいた方や民生委員の方に配布しています。電話機の側やリビングに置いて、保管していただいているようです。

――土屋さん考案のツールもあると伺いました。

土屋氏 冊子だけでなく、高齢者の持ち物で何か活用できないだろうかと考え、非常に親和性の高い眼鏡クリーナーに着目してみました。もちろん、私一人が勝手に作成できるものではありませんが、関係各所の意見もいただきながら、視覚的効果を考えてつくりました。

――常にこうしたクリーナーを使っていると、“刷り込み効果”はあるような気がしますね。お話を伺って、ここまでいろいろと思いつかれ、実行されていることに敬服しています。それでも被害ゼロではないのが残念ですね。

土屋氏 やはり振り込め詐欺の対策は、行政や警察の力だけで行うには限界があります。何より、市民の皆様や事業者の皆様方をはじめとした社会全体で対応する必要があります。今後も、コンビニ等のATM付近へのフロアマット設置や、歩道橋等への横断幕設置など、効果が高いと思われることに、積極的に取り組んでいきたいと考えております。本市が取り組んできたことが他の市区町村の皆様のお役に立てれば嬉しいですし、また情報交換も行って、卑劣な犯罪を1件でも減らせることができればとも考えています。柏市民はもとより社会全体の皆様のご協力とご理解をお願いしたいと切に願っております。
(文=鬼塚眞子/一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表、保険・介護・相続ジャーナリスト)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年4月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。