ニトリ、今絶対に買うべき日用品5選…驚異的安さ&役に立ちすぎて生活がラクに!

 ニトリといえば、誰もが一度は聞いたことのある“お、ねだん以上”のキャッチフレーズそのままに、低価格で多種多様な家具や家電を揃える大型量販店だ。安さとは不釣り合いなほどの高品質から、多くのファンを生み出している。

 運営元であるニトリホールディングスは、2019年2月期の決算で売上高6081億3100万円(前年同期比6.3%増)、営業利益1007億7900万円(同7.9%増)、経常利益1030億5300万円(同8.6%増)と、32期連続増収増益を達成している。

 そんなニトリは、1967年に「似鳥家具店」として創業。安さへのこだわりとして73年に、メーカーから直接仕入れる体勢を確立すると、86年には海外商品の直輸入を本格化し、2003年に売上高1000億円、店舗数100をダブルで達成。その後、08年に売上高2000億円、店舗数200にまで伸び、13年には売上高3000億円と店舗数300という規模にまで成長した。

 しかし、安くて品揃えが豊富なニトリでは、どの商品を実際に購入するべきか逆に悩んでしまう人もいるのではないだろうか。そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では「この春、買うべき日用品5選」と題し、独断でニトリのおすすめ商品をピックアップした。新生活の日用品集めに、ぜひ参考にしていただきたい。

【この春、買うべきニトリの日用品5選】

●押し入れ収納キャリー/1290円(込、以下同)

 最初に取り上げたいのは「押し入れ収納キャリー」だ。外側からは見えないのをいいことに、押し入れにはついついあれこれ詰め込んでしまいがちだが、こちらのアイテムはそんなときにこそ役立つ。

 台にキャスターと手すりがついているだけのシンプルな構造ながらも、このキャリーさえあれば、押し入れの荷物の出し入れがグッとスムーズになるのだ。本や衣類など重いものを乗せておいても、小さな力で簡単に引っ張り出せるからである。日頃からこのキャリーを活用して押し入れを整理しておけば、いざというときの引っ越しや衣替えが格段に楽になるだろう。

 さらに、組み立てがラクなのも高く評価したいポイント。誰でも問題なく短時間で組み立てられるため、DIYに不慣れな女性などにもやさしい仕様だといえる。

●木製ハンガー・ユーカリ5P/299円

 こちらの「木製ハンガー・ユーカリ5P」も買うべき商品だ。まずなんといっても、ハンガー5本で299円(1本あたり約60円)という驚異的な安さがウリだ。100円ショップでも、ここまでコスパの高いハンガーには、なかなかお目にかかれないのではないだろうか。

 あまりにも安いと品質が心配になってしまうが、このハンガーはユーカリ製で頑丈なため、重いコートなどをかけても変に曲がってしまうようなことはなかった。さらにズボンをかけるための棒もついているので、スーツなどのセットアップにも対応可能だ。

 フック部分が回転するおかげで、どの方向からでもかけられるようになっているのも魅力。クローゼットの中をスッキリ整頓するのに、ニトリのハンガーを取り入れてみてはいかがだろうか。

●スキレット鍋 19cm/799円

 続いては「スキレット鍋 19cm」。スキレット、すなわち“鋳鉄製”の鍋には厚みがあり、熱が均一に広がるため、料理好きであればニトリで買っておいて損はない商品だ。ニトリのスキレットは数年前から「ニトスキ」の愛称で爆発的に人気が広まった。従来は直径15cmと小さめだったが、19cmが登場したことで料理の幅が格段に広がる。

 焼く、揚げる、蒸すといった一通りの調理に対応しているのはもちろんのこと、コンロのグリルに直接入れて使用することもできる。調理後はそのままお皿としてテーブルに出せば、熱々の状態を食べ終わるまでキープできる。

 なお、鍋の取っ手は鉄製で熱くなりやすいので、火傷にはくれぐれも気をつけてほしい。ニトリ店頭では、本体とフタが別売りされていることにも注意が必要だ(※オンラインショップではセット販売も実施)。

●Easyレバーキャニスター/399円~

 塩や砂糖といった調味料は、キッチンに欠かせない。そんな調味料ケースとしておすすめしたいのが、ニトリの「Easyレバーキャニスター」である。

 軽くて丈夫、密閉度が高いので中身がこぼれる恐れがない、手を入れて洗いやすいなど、メリットばかりのため、大小のサイズ(容量270mlが399円、500mlが498円)を自宅に揃えている人も多いようだ。

 さらに特筆すべきは、その開けやすさ。こういった密閉容器は、開けるのに想像以上の力が求められてイライラすることもあるが、ニトリのEasyレバーキャニスターはワンタッチで手軽に開け閉め可能。この価格でこのクオリティは、「さすがニトリ」と感心する。

●カットできちゃうバターケース/999円

 最後に紹介するのは「カットできちゃうバターケース」だ。一見すると、なんの変哲もないバターケースなのだが、実は立派なアイデア商品なのである。

 バターを包丁でカットすると、指や包丁についたバターをいちいち洗わなければならなくて面倒だ。しかし、この商品に頼れば、そういった手間を一気に解消できる。

 なぜなら、こちらのケースの内側にはワイヤーブレードの層が隠れているからだ。その上にバターを置いてフタで押さえると、自分の手や包丁を汚すことなくバターをカットできる仕組みなのだ。幅16.5cm×奥行9.5cm×高さ6.8cmという大きめサイズなので、普段使うバターナイフを一緒にしまっておくこともできるのが、また気の利いた設計といえるだろう。

 ニトリには今回紹介した5つ以外にも、生活をより快適にしてくれること間違いナシの便利商品やアイデアグッズがいくつもラインナップされている。これをきっかけに、近くの店舗に足を運んでみたり、オンラインショップをチェックしたりして、“お、ねだん以上”を実現するニトリの企業努力に触れてみてはいかがだろうか。
(文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio)

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年5月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。