小松空港からJR小松駅まで歩いてみた!義経・弁慶の歴史と軍都の過去が交差する場所

 2015年3月に北陸新幹線の長野~金沢間が延伸されたことで、首都圏から金沢へのアクセスは新幹線が主流となった。関西、中京圏からもそれぞれJRの直通特急(サンダーバード、しらさぎ)が通っていることもあって、北陸地方への移動は、鉄道を利用する人が多い。

 石川県の空の玄関口である小松飛行場(小松空港)の利用者数も、新幹線の金沢への開通で大きく減少した。2014年度の総利用者数が約231万人だったのに対し、2015年度は169万人と、対前年比で約73%まで落ち込んでいる。

 ただソウルや上海、さらに台北へはLCCも就航するなど国際線が好調で、2017年度には約171万人まで持ち直している。存在意義は依然として高い空港であるといえるだろう。

 もともと旧海軍の飛行場として戦中に建設された小松空港は、アメリカ軍の接収を経て、いったん民間機専用の飛行場として開港。1961年に自衛隊との共用空港になるという変遷をたどっている。

 小松から金沢市街までは直線距離で約26kmと離れており、アクセスは決していいとはいえないことも、北陸新幹線に利用者を奪われている原因の一端となっている。一方で、隣県の県庁所在地である福井へは約42kmとそれなりに近く、定期便の発着がなくなった福井空港の代替空港としても機能している。2県の窓口と考えれば、利便性の高い場所に位置しているともいえるだろう。

 金沢駅や市中心部の繁華街・香林坊から、ダイレクトでアクセスできるリムジンバスの運賃は1130円、福井駅からは1250円。小松駅までJRで移動し、路線バスに乗り換えるルートは、金沢駅から500円+270円で770円、福井駅からは840円+270円で1110円(いずれも普通電車の場合)。所要時間はややバスに軍配が上がるが、大きな差はない。

 今回は金沢駅からリムジンバスで小松空港へ向かい、そこから徒歩で小松駅まで歩いてみた。実践したのは2018年12月上旬。気温は20度近く、歩くには快適な気候だった。

●軍都・小松ならではの遺構

 小松空港のターミナルはやや小ぶりな印象で、北陸地方の中核空港といった貫禄はない。国内線、国際線の発着合わせて46便が就航している空港としては、建物もロビーも飲食店もシンプルな印象だ。もちろん不便を感じるようなことはないのだが、空港へ来ること自体が目的となるようなスポットではないといえる。

 そのターミナルビルを出て、最寄りの小松駅へと向かう。地方空港らしい広々とした駐車場の一帯を抜け、空港を背に右折して国道360号を行くのだが、全体的に寂しさの漂う景色だ。道路沿いにあるのはレンタカー会社の営業所くらいで、商業施設や住宅、工場などの建造物がほとんどない。田畑や荒涼とした雑木林、遠くに北陸自動車道が見える程度だ。

 小松空港がある地域は、もともと海と湖沼に挟まれた砂丘地帯だった。空港周辺は建物の高さに建築制限があるうえ、北国街道や国道8号、北陸本線が山側を通っているように、市街地は東南側に位置しており、大きな建物は現在でもほとんど見当たらない。

 それでも5分ほど歩いて行くと、ちらほら民家も見えてくる。その中にある郵便局の裏側にある、円筒状の不気味なコンクリートが目についた。

 レンタカー会社の敷地の一部になっているようで、内部にも車がたくさんとめられている。戦時中の軍施設と思われるが、地中へトンネル状に掘られることの多い防空壕とは考えにくく、発電所の一部だったという情報もあるようだ。

 爆撃に耐えるため、あまりに頑丈に造ったために、取り壊すのが難しく、そのままにされているのだろう。戦前から軍都であった小松ならではの遺構といえる。

 さらに5分ほど歩くと、前川にかかる浮柳新橋にたどり着く。水面には多数の水鳥がいるが、近づいてカメラを向けると逃げてしまう。バードウォッチングは少々難しそうだ。

 浮柳新橋には、両岸にそれぞれ立派な銅像があった。小松空港側には武蔵坊弁慶、小松駅側には源義経が橋の両側ににらみを利かせている。なぜ義経と弁慶の像があるかといえば、この橋より北北西へ1.5kmほどの場所に「安宅関」(あたかのせき)があったとされるためだ。

●歌舞伎の名演目「勧進帳」の舞台

 義経一行が奥州藤原氏の本拠地である平泉を目指して通りかかった際、弁慶は関所を守る富樫左衛門に対し、勧進帳を読み上げ、山伏問答にも淀みなく答える。さらに問い詰める富樫に、弁慶は義経を杖で叩いて疑いを晴らすが、富樫は義経主従であることを見抜いて見逃したという、歌舞伎の名演目「勧進帳」の舞台だ。

 徒歩で寄り道するには、往復3km以上の道のりはしんどいため、安宅関跡はスルーしたが、付近には安宅ビューテラスや勧進帳ものがたり館など、観光施設も充実している。立ち寄ってみると楽しそうな場所だ。

 橋を渡ると、国道沿いにちらほらと建物が、その裏には広大な田園風景が広がる。そのまま5分ほど進むと、やや趣深い雰囲気の町並みへと変容していく。

 まず道の右手に現れるのが運河のような水路と、それに沿った「すわまへ芭蕉公園」という緑道公園。松尾芭蕉が「おくのほそ道」の道中である1689年に、小松で句会を開いたということで、芭蕉の句碑などが設置されていた。

 その対面には、702年に創建されたとも伝えられる菟橋(うはし)神社。風格ある社殿が特徴で、地元では「おすわさん」と呼ばれ、親しまれている。結婚式場(諏訪会館)も隣接されており、人気のスポットになっているようだ。

 水路沿いにさらに5分ほど進むが、周辺はさらに歴史を感じる町並みになっていく。寺院や町家など、伝統的な家屋が密集しているのは、意外な発見だった。本蓮寺という大きなお寺がある交差点を右折するとすぐ、小松駅に到着。距離は約4km、所要時間は1時間ほどだった。

 歩いてみる前は、小松に「歴史」のイメージはほとんどなかった。石川県なら金沢、福井県なら越前大野など、近隣に城下町や門前町が多い地域だが、小松もまた歴史を感じさせる北陸の中核都市であることが感じられたのは収穫であった。

●北陸新幹線より安い航空便があれば盛り返しの可能性

 さて、小松空港に今後鉄道駅が接続する可能性は極めて低いと思われる。空港周辺に市街地や住宅地がないため、路線が空港アクセス専用になること。今後、北陸新幹線が延伸すれば、大阪方面のアクセスはますます新幹線が中心となり、空港の需要はますます低下するであろうことが、その理由だ。

 実は小松駅の隣駅である粟津駅と空港を結ぶ鉄道が、かつてあったようだ。終戦前後の1945年には存在していたようで、おそらく空港建設や基地に関する物資輸送を行う貨物線だったと考えられる。廃線跡を空港アクセスに利用しようという動きがなかったことからも、輸送需要はあまりなかったのだろう。

 小松駅では北陸新幹線の新線建設が急ピッチで進められていた。空港の町である小松でも、今後は新幹線の利用者が増えていくかもしれない。

 おそらく小松空港復活の切り札はLCC(格安航空会社)の就航になるだろう。国際線では台北間をタイガーエア台湾が就航しているが、国内線はゼロだ。成田空港など、首都圏から新幹線を下回る料金で金沢や福井へ向かえる便があれば、それなりの人気を獲得できるのではないか。

 少しでも安く向かいたい旅行者は、空港からもリムジンバスではなく、小松駅を経由するルートを選択する可能性が高い。小松駅の東側には、建設機械大手の小松製作所が展示体験施設やダンプトラックの展示を行う「こまつの杜」を2011年にオープンした。単なる中継地点だけでなく、歴史と観光を味わえる町として発展していってもらいたいものだ。
(文=渡瀬基樹)

●プロフィール
渡瀬基樹(わたせ・もとき)
1976年、静岡県生まれ。ゴルフ雑誌、自動車雑誌などを経て、現在はフリーの編集者・ライター。自動車、野球、漫画評論、神社仏閣、温泉、高速道路のSA・PAなど雑多なジャンルを扱います。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年5月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「新潟県」のニュース

次に読みたい関連記事「新潟県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「長崎県」のニュース

次に読みたい関連記事「長崎県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高知県」のニュース

次に読みたい関連記事「高知県」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。