『白衣の戦士!』久々の看護師コメディに厳しい声が相次ぐ理由…致命的な問題点とは

 放送前から「『ナースのお仕事』(フジテレビ系)そのまんま!」という声が飛び交い、スタート後には、さらに過熱。CMクイーンである中条あやみの初主演ドラマとして期待値の高かった『白衣の戦士!』(日本テレビ系)が、中盤に差し掛かってなお、人々の厳しい声にさらされている。

『ナースのお仕事』の最終シリーズが2002年だったことを踏まえると、「そろそろ同じ看護師コメディがあってもいいのでは」と考えても不思議ではないだけに、制作サイドとしては「これほどの厳しい声は想定外だった」と感じているのではないか。

 ただ、視聴者から批判されているのは、「『白衣の戦士!』が『ナースのお仕事』に似ているから」ではなく、「『ナースのお仕事』放送開始の頃よりも古いのでは?」と思わせる感覚の脚本・演出だろう。

●物語を分断するインサートカット

 初回のファーストシーンは、ヒロインの立花はるか(中条あやみ)が廊下を走り回り、水を床にぶちまけて、指導係の先輩看護師・三原夏美(水川あさみ)から「立花さーん!」と説教されるというものだった。

 そのドジとドタバタは放送が進んでもやむ気配がなく、仕事中に加えて、はるかと斎藤光(小瀧望)、夏美と本城昭之(沢村一樹)の恋愛シーンにもおよんでいる。たとえば、5月8日に放送された4話では、斎藤に「お前しかいないんだよ」と言われて部屋に連れていかれたはるかが、「私にも心の準備が~」と動揺していると、「ゴキブリ退治の依頼だった」というオチ。

 あるいは、本城から「好きな人とかいるのかな?」と声をかけられた夏美は、「いきなりそんなストレートな」と戸惑うが、「(娘は)16歳だと普通、彼氏とかいるのかな。どう思う?」と言われてガクッと崩れ落ちるシーンがあった。

 それ以外にも、斎藤と食事しているはるかのごはんが丼にてんこ盛りで、レモンサワーが巨大メガジョッキ。外科医の柳楽圭一郎(安田顕)が看護師たちに妄想を語りかけるが誰も聞いていなかったなど、昭和のコントを思わせるシーンが続いた。

 極めつけは、不意に差し込まれるインサートカット。全面ピンクの部屋で「キタ! キタ! キター!」と喜び、全面ブルーの部屋で「アイツだけはナイ! ナイ! ナイ!」と拒否するなど、心の声を映像化していたのだ。

 これ以外にも、「私、何気にしてんだろう?」「なんで私、ホッとしてんだ?」「デートじゃん!?」「まさかこれって恋?」「よっしゃー!」と視聴者に話しかけるカットをはさむなど、あえて物語を分断するような演出を多用している。その笑いは、まるで加藤茶が視聴者に「ちょっとだけよ」と呼びかけるようなものだった。これを何度も要求される中条と水川が気の毒に見えてしまうのだ。

●ベタは好きでも古さは許さない視聴者

 視聴者の感情移入を分断すること以上に問題なのは、どれも1980~90年代のノリであり、コメディとしての質が古いこと。ドラムロールなどを使った効果音、喜んだり怒ったりすると全身から線が飛び出す漫画的な映像加工、ギャルのキャラクター造形……。ここまで徹底している以上、「現在の視聴者はこれくらいベタなほうがウケる」という判断に基づいた脚本・演出であることは間違いない。

 しかし、現在の視聴者は、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)を見ればベタな展開が好きな感こそあるが、ディテールの古さは見逃してくれない。しかも、制作サイドにとって恐ろしいのは、脚本家や演出家の過去作品はおろか、年齢まで調べられた上で、「だから古い」と断定されてしまうことだ。

 もし通用するとしたら、古いノリを知らず“初見”となる上に、中条のファンが多い10~20代前半なのかもしれない。すると、必然的に水曜22時台という大人層向けの放送時間ではなく、19時台か20時台が最適帯となる。

 たとえば、80年代の中山美穂主演『な・ま・い・き盛り』、南野陽子主演『熱っぽいの!』(看護婦が主人公の作品)、90年代の宮沢りえ主演『いつか誰かと朝帰りッ』、松雪泰子主演『白鳥麗子でございます!』などを放送していた「フジテレビ木曜20時台のラインナップとみなせば、ちょうどいいかもしれない」と感じてしまう。

●終盤に意外な感動を得られる可能性も

 15日放送の第5話では、はるかと斎藤、夏美と本城に加えて、主任の村上真由(片瀬那奈)の恋も描かれるなど、予告映像は恋愛モード一色。「どんな病気のどんな患者が現れるのか」がわかるところは一切ない。こんなところにも、「看護師の仕事や医療にかかわる内容はライトなもので」という制作サイドの方針が表れている。

 久々の看護師コメディだけに、その方針は必ずしも悪いとはいえないのだが、ならばもっと“看護師あるある”をフィーチャーしてもいいのではないか。4話の冒頭で、「健康相談会になりがち」「お酒強いだけで『白衣の天使のイメージ崩れた』と言われる」「下ネタを言ったらドン引きされる」という合コンにおける“看護師あるある”を連発して笑いにつなげていたからだ。

 ドジとドタバタを繰り返す古い脚本・演出ではなく、看護師の今をとらえた “あるある”で笑わせるほうが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の動きも活発になるだろう。

 前述した80~90年代に放送されていた20時台の作品は、「演技経験の浅いアイドル女優の成長を見守る」という楽しみ方もあった。同様に『白衣の戦士!』も、水川に引っ張られて中条が成長した姿を見せられれば、終盤に意外な感動を得られる可能性がまだ残っている。それは「中条と水川は自分ができる精一杯の仕事をしているから」にほかならない。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年5月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「CM」のニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。