IKEA、感動モノの“お片付け”収納グッズなど厳選5品!数百円なのに超便利&オシャレ

 IKEAは「優れたデザインと機能性を兼ね備えたホームファニッシング製品を幅広く取りそろえ、より多くの方々にご購入いただけるよう出来る限り手ごろな価格でご提供する」というビジネス理念を持つ、北欧スウェーデンで発祥した世界最大規模の家具メーカーである。日本には今年4月時点で9店舗しかないながらも(うち4店舗は関東に集中)、根強いファンを抱えているようだ。

 そんなIKEAを日本で展開するイケア・ジャパンは、2018年8月期の決算では前年同期比13.5%増の840億9100万円という売上高を記録している一方、営業損失としては9億6200万円を計上。前期の営業損失は14億4600万円だったので、回復傾向にはあるものの、業績はイマイチ振るわないようだ。

 とはいえ、IKEAには先述したビジネス理念のとおり、欧州産のオシャレな家具や、日常生活を豊かにしてくれる便利な商品が低価格で多数売られているのもまた事実。そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では「買うべき日用品5選」をテーマとし、IKEAのおすすめ商品を独断で選ばせてもらった。この春に始まった新生活の日用品を、どこで買い揃えようか、まだ決めかねている人には、ぜひ参考にしてほしい。

【この春、買うべきIKEAの日用品5選】

●GRUNDTAL(マグネット付き小物入れ3個入り)/699円(込/以下同)

 最初に紹介するのは、「GRUNDTAL(グルンドタール)」シリーズの「マグネット付き小物入れ3個入り」だ。

 主にキッチン回りで使われているらしく、マグネットを生かし、たとえば冷蔵庫の扉に貼りつけることができる。散らかりがちな調味料はこの小物入れにまとめておくと、スペースの節約になるだろう。さらに、フタの天板が透明なアクリルでできているため、中身の確認が容易なのもうれしい。

 一応はキッチン用品として販売されているが、そのシンプルな構造と丈夫さゆえ、クリップや輪ゴムなどをしまう小物入れとしてオフィスでも活躍できそうだ。デスク周辺の掃除が苦手だという人にも、ぜひおすすめしたいアイテムである。

●ISTAD(ジッパー付きプラスチック袋)/299円

 続いては、こちらもキッチン用品として販売されているものの、もっといろいろな場面で役立つこと間違いなしの「ISTAD(イスタード)」シリーズ「ジッパー付きプラスチック袋」だ。

 IKEAのジッパー付き袋は、バリエーションに富んでいる。6パターンのサイズを展開しているうえに、同様の商品では無地のものが一般的ななか、お好みのデザインやカラーを選べるようになっているのも魅力的だろう。

 今回「買うべき・買ってはいけない調査班」が実際に使用したのは、1L用と0.4L用の2種類が、それぞれ50枚同封されたもの。ティッシュのように箱からそのまま1枚ずつ取り出すことができ、非常に扱いやすかった。チャック部分が二層構造になっているため中身が漏れる恐れもなく、袋の素材もしっかりとしていた印象である。

●KLOCKIS(時計/温度計/アラーム/タイマー)/349円

 いまやスマートフォンを見れば時刻はわかるようになり、腕時計をしない人も増えているが、自宅やオフィスなどでも時計は欠かせない。次に紹介するIKEAの「KLOCKIS(クロッキス)」という商品は、時計としてだけでなく、温度計、アラーム、タイマーとしても機能する万能選手だ。

 これまでにアラームやタイマーつきの時計を買ったことがあるものの、操作が意外と複雑だったり面倒だったりで、結局はただの時計としてしか使いこなせていないという人もいるかもしれない。

 しかし、IKEAのKLOCKISならばその心配は無用。置き型でコンパクトな四角い本体を回転させ、向きを変えるだけで4つの機能(画面表示)を切り替えることができるのだ。カラーバリエーションも白、黒、水色、ピンク、黄色と5種類あるため、設置する部屋の雰囲気に合わせたものを選ぶといいだろう。

●VARIERA(収納ボックス)/399円

 一見するとなんの変哲もないケースだが、とにかく使い勝手がよくておすすめなのが「VARIERA(ヴァリエラ)」シリーズの「収納ボックス」だ。

 幅24cm×高さ10.5cm×奥行き17cmのボックスには小物や資料など、あらゆるものを収納できる。さらに特筆すべきは、素材に再生PET樹脂が採用されていること。頑丈なのに軽くて持ち運びしやすく、もし汚れてしまった場合には、水で丸洗いすることも可能。収納ボックスとして必要な要素をすべて兼ね備えた、究極のアイテムといえるかもしれない。

 また、前述した「ジッパー付きプラスチック袋」や「KLOCKIS」同様、VARIERAの収納ボックスにも複数の色が用意されている。外側はどれも白で共通だが、内側の色が異なるので、部屋を鮮やかに彩りたい人にもちょうどよさそうだ。

●RASKOG(ワゴン)/4999円

 最後に紹介するのは「RASKOG(ロースコグ)」シリーズの「ワゴン」。ここまで取り扱ってきた商品に比べると値は張るが、購入者たちからはお買い得感や品質を高く評価されているアイテムだ。

 ワゴンと聞いてもピンとこなかったら、美容師が小道具を入れているような、人の腰ほどの高さのかごを思い浮かべてほしい。IKEAのRASKOGは3段のかごが上下に連なっており、真ん中のかごは位置を好きに調節できる。キッチン用品の整理に利用している人が目立つほか、ランドセルがすっぽり収まる絶妙なサイズ感ということで、子どもがいる家庭でも重宝されているようだ。

 かなり丈夫な素材が使われているゆえ、ワゴン単体だと重く感じるのだが、キャスターが非常に軽いつくりになっているため、部屋の中を移動させるときはほんのわずかな労力で済むだろう。購入後は各自で組み立てる必要があるものの、10分ほどで完了する簡単な作業なので、DIYが不得手な人でも気負う必要はない。

 いかがだっただろうか。IKEAは今回紹介した5品のように、低価格かつスタイリッシュな日用品をいくつもラインナップしている。春の新生活に伴い、自宅やオフィスを引っ越したばかりだというような人は、よりオシャレで快適な空間づくりのため、ぜひIKEAを有効活用していただければと思う。
(文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio)

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年5月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。