福山雅治『集団左遷!!』の顔芸はヘタなのか…業界関係者が語る“ましゃ”の本当の演技力

 現在放送中の連続ドラマ『集団左遷!!』(TBS系)で主人公を演じる福山雅治の熱演が、いろんな意味で話題だ。

 廃店寸前の三友銀行蒲田支店に課せられたノルマは、「半年間で融資額100億円」。上層部から「銀行の未来のために、ノルマを達成できなければ廃店にする」と言われ、部下たちを守るため支店長として奮起する福山は、とにかく走り、怒り、嘆く。ここで、2013年に『半沢直樹』大ヒットを生んだこの「日曜劇場」枠ではお約束の“顔芸”が炸裂するのだが、「福山の顔芸はサムい」「大根役者丸出しで引く」など、SNS上では罵詈雑言が炸裂。実際に同作を見てみると確かにかなりの熱演ぶりだが、そこに“男50歳、福山雅治の新境地”が感じられるような気も……。

 なぜ彼の顔芸はこれほどまでに不評なのか? あるテレビ局のドラマ部プロデューサーは、次のように語る。

「福山さんは、所属事務所アミューズの先輩女富田靖子の相手役という好待遇で事実上の役者デビューを果たし、俳優としてそこまでの下積みを経験しないままブレイクしてしまった。その勢いでミュージシャンとしても成功しその後も順風満帆のため、俳優業で大きく悩むこともなかったのでしょう。その結果、どうしても演技力がデビュー当時から大きく進歩していないんですよね。

 彼の人気が絶大なので、これまでは制作側が“福山雅治ありき”で、“福山ができる役”を考え、ここまでやってきたという側面もあると思います。結果どうしても、“感情がわかりづらいイケメン役”が多かった。実際、彼の芝居で最もよかったのは、『ガリレオ』シリーズ(フジテレビ系)の湯川学でしょう。ああいった、感情の起伏がなく淡々とロジカルにセリフを言うことが求められる役こそが、彼に最も向いているのだと思います。

 ところが今回の『集団左遷!!』における役は、まさにその真逆。感情をむき出しにして走り回り、部下を熱く鼓舞する中間管理職なわけですから、バリエーションに乏しいという彼の短所がどうしても露呈してしまう。といって、キャリア30年超の福山さんに演技の基礎から指導できるわけもないので、今作ではもう、彼のこうした大げさな演技を眺めているしかない。そもそも失笑ギリギリの過剰な演技が求められる日曜劇場で、しかも銀行モノとくれば、どうしても『半沢直樹』的な顔芸が求められてしまうのは仕方のないこと。でも、共演の香川照之さんや神木隆之介くんの芝居がウマすぎて、福山さんのバリエーションの空回り感が際立ってしまっていますよね。お茶の間に失笑が生まれてしまうのは、ある意味当然なのかもしれませんね……」

●今秋には主演映画公開、“五輪仕事”獲得も視野に入れるか

 視聴率的にも、初回こそ13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲ったものの、2話目で8.9%と早くも1桁台に突入、その後も依然として低空飛行が続いている。最終話で視聴率42.2%を記録した『半沢直樹』には遠く及ばず……という結果になりそうである。

「そもそもこの『集団左遷!!』は『半沢直樹』シリーズの原作者である池井戸潤作品ではないし、演出スタッフも違う。にもかかわらず『半沢直樹』を意識しすぎていることが、最大の間違いだと思うんですよ。それに加え、7月からはまさに池井戸潤原作の『ノーサイド・ゲーム』が大泉洋主演で始まり、さらに来年にはなんと、『半沢直樹』待望の続編が7年ぶりに制作されることが発表されました。よりによって福山さんが『日曜劇場』で苦戦しているこのタイミングで、なぜ半沢の続編まで発表されたのか……理解に苦しみますね。もはや福山さんが“当て馬”のようにも思えてきて、不憫でなりませんよ」(前出のプロデューサー)

 先日オンエアされた第6話で「100億円のノルマ」は一応の着地点を見いだし、次回からは第2章が始まることとなった『集団左遷!!』。一方で、「物語としては面白いのに、あまりにも酷評されすぎている」と反論するのは、あるテレビ誌のライターだ。

「最初は情けない上司という感じでしたが、徐々に部下たちの信用を得て、銀行マンとして輝きを取り戻すという役柄が福山さんにマッチしてきて、がぜん面白くなってきたと思います。福山さんの熱演や顔芸にも慣れてきちゃって、クセになってきましたよ(笑)。第2章からは本部に戻り、銀行の闇がより深く描かれていくのですが、ここまできたら、もはやもっと顔芸を炸裂させてほしいですね。

 でも、“男が惚れる男”といわれるだけあって、ノルマ達成を目指して部下たちと一丸となって奮闘する福山さんはやはりとてもカッコよかった。第2章でも、外野からのネガティブな声を気にすることなく、そんなシーンをたくさん出していけば、逆に『半沢直樹』との差別化も図れると思います。11月には主演映画『マチネの終わりに』も公開され、その余勢を駆って東京オリンピックでも大きな仕事を狙ってることは間違いないでしょう。今回の『集団左遷!!』で多少コケたとしても、次の新曲を出せばまた確実に売れるのでしょうから、大きな傷にはならないと思いますね」

 とにかく賛否両論が渦巻く、俳優・福山雅治の熱演。とはいえ、誰が見ても忘れられない“顔芸”を確立したという意味では、彼が“新境地”を開くことには十分に成功したといえるのかもしれない。
(文=藤原三星)

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter@samsungfujiwara>

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 福山雅治 Instagram
  2. 福山雅治 ドラマ
  3. 福山雅治 ライブ
福山雅治のプロフィールを見る
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月3日の芸能総合記事
「福山雅治『集団左遷!!』の顔芸はヘタなのか…業界関係者が語る“ましゃ”の本当の演技力」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今年は、甲子園の方はいかがなさるおつもりですか?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「福山雅治 + ドラマ」のおすすめ記事

「福山雅治 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「福山雅治 + 主題歌」のおすすめ記事

「福山雅治 + 主題歌」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三浦春馬」のニュース

次に読みたい関連記事「三浦春馬」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら