ぱいぱいでか美に聞く「私がこの、ハイ・リスク&ハイ・リターンな芸名を選んだ理由」

 人気バラエティー番組有吉反省会』(日本テレビ)にレギュラー出演しているほか、歌手、グラビア、執筆業など、多彩な活躍を見せるタレント・ぱいぱいでか美。インパクト大な芸名と、“名乗るほどでかくないがそこそこでかい”Fカップバストを武器に、独自路線で活動を続けている。

 そんな彼女がこの2月、自らの半生を描いたエッセイ集『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』(リットーミュージック)を上梓した。同書では、高校時代に鬱病に近い状態に陥ったこと、恋人とケンカして部屋のカーペットに火をつけた経験など、バラエティー番組で活躍する現在の彼女からは想像しがたいネガティブなエピソードまでが、あけすけに語られている。さらに、彼女の“恩師”と呼べる存在である、ゲスの極み乙女。の川谷絵音や博多大吉との対談、ミュージシャン大森靖子からの手紙も収録。まさにぱいぱいでか美の半生がぎゅっと凝縮された一冊に仕上がっている。

 そこで本サイトでは、そんな彼女にインタビューを敢行。この前編では、同書へのこだわりから、少々恥ずかしい芸名のこと、そして大好きなハロプロのことなどついて話を聞いた。

●ぱいぱいでか美(ぱいぱい・でかみ)
1991年5月3日、三重県生まれ。インディーズでのバンド活動などを経て、2014年5月、ミュージシャン大森靖子のプロデュースでシングル「PAINPU」をリリース、同年6月にはデビューアルバム『レッツドリーム小学校』を発表。2014年8月からは『有吉反省会』(日本テレビ)にレギュラー出演、一気に知名度を上げる。自身の楽曲の作詞作曲やライブ活動、楽曲提供、グラビア、コラム執筆などジャンルやメディアにとらわれず活動中。大のハロプロファンとしても知られる。

●波乱万丈じゃなくても、一生懸命生きてたら上手くいく

 ぱいぱいでか美、初の著作『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』は、元々はwebサイト「耳マン」での連載から始まった企画であった。書籍化が決まっても、なかなかその実感が持てなかったという。

「書籍化にあたって締切のペースが早まったり、表紙の材質を決めたりしている時に、ようやく実感が湧いてきた感じですね。でも書きながら、私の人生ってほんと平凡だよなって思いました。28年間生きてきたけど、大きな事件とか、ほとんど起こらないんですよ。でも『別に波乱万丈じゃなくても、一生懸命生きてたら上手くいくんですね。そういうところに元気づけられました』って声も届いたので、出してよかったのかなって思っています」

 同書は、装丁やグラビア写真など、随所に彼女自身のこだわりが感じられるものに仕上がっている。

「テーマが『私の半生』なので、自分の世代感みたいなものを出したいと思って、表紙の“髪ブラ”は浜崎あゆみさんのオマージュにして。あと、カバーを外した表紙と裏表紙は、私が学生の時にはやっていたプロフィール帳をイメージしました。子どもの頃の写真って、普通女性タレントさんだったらかわいい写真を選ぶと思うんですけど、私は容赦なく全然かわいくないブスな写真を選んでいるんですよ。そこはぜひとも評価してほしい(笑)」

 連載にはなかった書籍独自の企画として、ゲスの極み乙女。の川谷絵音と、博多華丸・大吉の博多大吉との対談、そしてミュージシャン大森靖子からの手紙が収録されている。『紅白歌合戦』(NHK)出演の際にコーラスのひとりとして彼女をNHKホールのステージに呼んだ川谷、『有吉反省会』で彼女をイジり続ける博多大吉、そして彼女のシングル曲をプロデュースした大森と、それぞれ彼女と深い因縁を持つ関係だ。

「私の人生において圧倒的にお世話になってきた人たちにオファーしました。川谷さんと大吉さんは、1対1で真剣に話したことがなかったですし、逆に何度も語り合っている大森さんには、お手紙を書いていただいて。さらに私のお母さんとお父さんからの手紙も載せてて。私の、なんかヘンな尖った部分は全部お母さん譲りなので、それが全部出てるなっていう内容ですね。お父さんは真面目。お母さんは、『自分が一番おもしろい』と思われたがっているような人です(笑)」

●顔がかわいくないのに胸が大きいのは“気持ち悪い”

「ぱいぱいでか美」というインパクト大な名前は、専門学校時代に所属していた軽音サークルの先輩に名づけられたものだという。

「『有吉反省会』に出てるから、そこで有吉さんに強制的に名づけられたと思われてることが多いんですけど、全然違うんですよ。mixiに、Twitterみたいなつぶやきを載せられる機能があるじゃないですか。そこで専門学校在学中に、あだ名を募集したんです。普段から先輩たちと遊んでいるときに、胸が大きいことをよくからかわれてたんですよ。それまでは、胸が大きいことが嫌だったんです。顔がかわいくないのに胸が大きいと気持ち悪いんじゃないかって。でもそこでイジられて、そのうえあだ名をつけられることで、紙一重の感じで自分のなかのコンプレックスが自分のキャラクターになり、そして誇らしいチャームポイントになった。それからは、体のラインがわかるような服も着るようになったし、自分の胸を気持ち悪いとも思わなくなりましたね」

 本人はこの名前を、「ハイ・リスク&ハイ・リターンな名前」と説明する。どんなメリットとデメリットがあるのだろうか?

「デメリットは、今みたいにいろんな人に知ってもらえるようになる前は、露骨に嫌悪感を示す人が多かったことですかね。男の人は笑ってくれるんですけど、女の人は『性を売りにしている』みたいなネガティブな反応の人も多くて。で、男からは男からで『イケる』って思われたり、雑なイジり方をされたりとか、嫌な気持ちになったことも多かったです。あとは、いまだに出る媒体が限られてしまうところ。番組が放送される時間帯によっては、テロップでは『でか美』だけになってたり、コラムを寄稿した時も文章の中ではフルネームだけど見出しは『でか美』にされたりとかあるんで。

 逆にメリットは、絶対に名前を覚えてもらえること。無名の頃から、バンドでライブをした後にTwitterでエゴサすると、「ぱいぱいでか美」が引っかかるんですよ。バンドのことについては何も書かれていないのに、『今日行ったライブにぱいぱいでか美っていう人がいた』とか(笑)。ありがたいので、イイネしまくってます。あと、どんなに真剣なことを言ってても、重く見られないのがいいですね。『すごく真面目なこと言ってるけど、こいつぱいぱいでか美だよな、ハハハ』みたいな。それは私としてはかなり気が楽なんで、自分のこの性格の真面目さと名前のバカバカしさが、ちょうどよいバランスになってるかなって思います」

 コンプレックスの対象から、チャームポイントへ変化したという胸。大きくなり始めたのは小学生の頃からだそうだ。

「小学生の頃の運動会で二人三脚をやって、そこで自分が太ってるって気づいたんです。そこから牛乳を飲み、身長を伸ばして、筋肉をつけて痩せたんですよ。そしたら胸だけ残ったんですよね。スポブラデビューも早かったんですけど、まだ胸が大きいことを恥ずかしいとかもあんまわかってないっていうか。中学くらいから大きさに気づき、周りも気にしだすから、卑屈になり始めて。遺伝的に、お母さんもおばあちゃんもすごい胸が大きいんですよ。『顔はかわいくないのに』っていうのが自分のなかでいちばんコンプレックスでした。だから、この名前でそこの捉え方がひっくり返ったことはすごく大きいです。名づけた先輩も、テレビに出た時は「よかったね」って言ってくれました。

●お金と時間をかけて応援するアイドルはハロプロのみ

 ぱいぱいでか美といえば、大のハロプロ好きとして知られる。子どもの頃からハロプロは好きだったが、本格的にハマったのは高校時代。学校の先輩にBerryz工房(2015年3月に無期限活動停止)を教えられ、メンバーの“ももち”こと嗣永桃子に一目惚れ。「ジンギスカン 嗣永桃子 Close-up Ver.」(2008年に発売された同グループの16thシングル「ジンギスカン」のMVの嗣永桃子バージョン)なる動画を見て、「こんなにかわいい子がこの世に存在したのか!?」と、体に電流が走ったのだという。

「“ジンギスカン新規”としてハロプロにどっぷりハマって、コンサートやハロプロショップにも通うようになりました。自分のオタク気質を初めて刺激してくれたのがハロプロだったんです。同じ体験をしたくて、ももちが行ったお店でご飯を食べたり、同じ服を買ったりも」

 自身もソロのミュージシャンであることから、アイドルと同じイベントに出演することもある。が、絶対に「アイドル」とは名乗らないのだという。

「ハロプロが好きすぎるからです。あれがアイドルだって思っているから。もちろんいろんなアイドルがいるってことはわかってますし、そういう人たちのおかげで自分もイベントに出演できているという部分もあるんですけど。それでやっぱり、『お金と時間をかけて応援するアイドルはハロプロしかいない』っていう、自分の中のルールがあるんです。アイドルというのは、ステージで何かを見せてくれる、神聖な存在であるはずだ、と。

 私はやっぱり存在として生々しいし、自分のプライベートなこともほぼほぼ隠してないので、絶対にアイドルではないなって。私は普通に恋愛もしてきていますしね。アイドルって、夢を見せてくださる尊さがないといけないって思っちゃってるので。本当に私、ハロプロのアイドルって、住む世界からして違う人たちだと思ってて。お仕事を一緒にさせていただくこともたまにあるんですが、やっぱりハロプロの子は本当にかわいいなって思うし、育ちがよさそうな感じだし。あの感じこそがアイドルだっていうふうに信じてここまで来てしまっているから、自分がアイドルだなんて、とてもじゃないけど名乗れないんです」
(取材・構成=岡島紳士)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「とんねるずのみなさんのおかげでした」のニュース

次に読みたい関連記事「とんねるずのみなさんのおかげでした」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「世界の果てまでイッテQ!」のニュース

次に読みたい関連記事「世界の果てまでイッテQ!」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「月曜から夜ふかし」のニュース

次に読みたい関連記事「月曜から夜ふかし」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。