小室圭さん・眞子さま婚約問題、秋篠宮殿下が今月の会見で“重大ご発言”?

「海の王子」から殿下になるのか――。

 最近、“小室圭殿下”という言葉を週刊誌ではよく目にする。「週刊女性」(主婦と生活社/6月4日号)は、皇室ジャーナリストの見解を紹介している。

「政府は、安定的な皇位継承を確保するために、今秋に控えている即位関連の儀式が終わったあと、『女性宮家』創設に関する議論を始めるそうです。もし、女性宮家が認められて、宮家の当主となった眞子さまが小室さんと結婚された場合、彼が皇室入りする可能性があるのです」(「週刊女性」より)

 当初発表されていたとおりの昨年11月の結婚であれば、眞子さまは一般人となり小室さんの妻となるはずだった。だが、このまま結婚が先延ばしになり、女性宮家の創設の後となれば、その当主の夫となる小室さんが皇族入りし、殿下となるというわけだ。

 米フォーダム大学ロースクールのLLMコースを修了した小室さんは、9月にJDコースが始まるまで、同大学の夏期講座を受講するためロサンゼルスに留まる。同誌は皇室担当記者の懸念を紹介している。

「一方の眞子さま、7月中旬にペルーとボリビアを訪問される予定です。同国への訪問には、ロサンゼルスを経由するルートが有力視されており、LAで小室さんと“密会”する可能性があるのです」(同)

 世間は眞子さまと小室さんが会うかどうかを気にしているが、秋篠宮ご夫妻が気にかけているのはそこではないと、「女性セブン」(小学館/6月6日号)は宮内庁関係者の声を紹介している。

「夏休みの間もアメリカに滞在し続けるお金があるかどうかは、もはや大した問題ではありません。本来ならば、少しの合間を縫ってでも帰国し、金銭トラブルの解決に取り組むなど真摯な姿勢を見せるべきではないでしょうか。秋篠宮ご夫妻は、“本当に娘と結婚する気があるのか”と不信感をお持ちでしょう。

 また、宮内庁や秋篠宮家を通さずに、小室さんサイドは“眞子さまと頻繁に連絡を取り合っている”と交際の状況を暴露したり、“眞子さまの結婚の意思は変わらない”と眞子さまの心情まで語ったりしています。そうした、半ば挑発的な発言は、紀子さまの逆鱗にも触れたそうです」(「女性セブン」より)

 金銭トラブルの解決に期待を寄せる一方で勝手な言動に激怒するのは、眞子さまご本人の気持ちを大事にしたいと考える、秋篠宮ご夫婦ならではの苦悩だろう。

●ターニングポイント

 秋篠宮ご夫婦と眞子さまとの間には距離が生じ、公務についてのみ会話を交わすという状態だったと報じられていた。前出「週刊女性」「女性セブン」両誌は、紀子さまと眞子さまが5月11日からの1泊2日で京都に出かけられたことを報じている。有形文化財を保護するための団体「大聖寺文化・護友会」に参加するためだ。出席者の声が「週刊女性」で紹介されている。

「お昼ごろまでお茶をしながら懇親会が行われました。おふたりは、人形師の会員とお話をされていて、特に眞子さまは『日本工芸会』の総裁でいらっしゃることから、興味深そうに人形師のお話に耳を傾けていらっしゃいました。印象深かったのは、おふたりで仲よさそうに会話されていたことでした。とてもいい親子関係だと感じましたね」(「週刊女性」より)

 宮内庁関係者の言葉が「女性セブン」で紹介されている。

「紀子さまは’15年から『大聖寺文化・護友会』の名誉総裁を務められていますが、ゆくゆくはそのお立場を、眞子さまに譲りたいというお気持ちがあるのでしょう。これから先のことにもお考えを巡らせつつ、おふたりでゆっくりとお話ができたのではないでしょうか。直接的ではないにせよ、小室さんとの関係を考え直す機会にと、紀子さまは考えられたと思います」(「女性セブン」より)

 自分の考えを押しつけるのではなく、対話によって解決しようという麗しい親子関係が窺える。宮内庁関係者は以下のようにも語っているという。

令和への御代がわりを経て、眞子さまは以前よりさらに多くの公務を担当されることになりました。それまではご夫妻が担われていた『みどりの感謝祭』『全国都市緑化祭』『国民体育大会』へのお出ましを眞子さまが引き継がれました。結婚され、皇室を離れたら、皇族としてそれらの公務を担うことはできません。紀子さまは“眞子さまはこれからも皇室にいる”という前提のもと、公務を振り分けられたというわけです」(同)

 女性宮家の創設に伴って、眞子さまが当主として皇族に残ることを見据えているようにも取れるが、そうすると小室圭殿下の誕生となるのだろうか。
 
 いずれにせよ、皇族の婚活が語られるとは、令和になって時代も変わったものである。眞子さまを惹きつける男性が現れるかどうかは、成り行き次第。小室圭殿下が誕生するかどうかも、成り行き次第ということだろうか。 

 前述した一連の報道について、皇室の内情に詳しい人物は語る。

「小室さんが皇室というブランドをあたかも利用するようなかたちで奨学金を得て留学を始めたことがきっかけで、徐々に世間から秋篠宮家への風当たりが強まっていったことは事実でしょう。秋篠宮家のなかでも“軋み”が生じていたように見受けられます。そうした状況のなかで、5月に小室さん側が勝手に『眞子さまと頻繁に連絡を取り合っている』と発信したことに、秋篠宮殿下は相当の怒りをお覚えになられたといわれています。そして、これまでは眞子さまの意思を尊重されてこられた秋篠宮殿下と紀子さまも、ついにご決心をされたご様子だという話が漏れ伝わってきます。

 そこで注目されるのは、今月行われる予定の秋篠宮ご夫妻そろっての会見です。6月から7月にかけた海外ご訪問に際し、ご出発の数日前に開かれる予定ですが、そこでは当然ながら眞子さまと小室さんに関する質問が出ることが予想されます。そこで、秋篠宮さまが何をおっしゃられるのか。マスコミや皇室関係者は、重大なご発言をなされるのではないかと注目しています。完全に行き詰まった眞子さまのご婚約問題にとって、大きなターニングポイントになるかもしれません」

 秋篠宮さまのご発言に、注目が集まる。
(文=編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月16日の社会記事
「小室圭さん・眞子さま婚約問題、秋篠宮殿下が今月の会見で“重大ご発言”?」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    持参金目当ての小室圭とは破談しかない。

    20
  • ダメオヤジ 通報

    秋篠宮家も この親にこの子有りだな。秋篠宮様も小室とは上手くいきそうだな(笑い)

    3
  • 情け無い 通報

    秋篠宮様のコメントにガッカリ。次期天皇様に1番近い方 無責任な発言。次期天皇に大丈夫かなぁと思う。

    2
  • 匿名さん 通報

    眞子さん 秋篠宮様だけが親じゃないけど税金払う方皆親です 眞子佳子の公務は必要ないで 世の中の娘の教育に悪い

    2
  • 匿名さん 通報

    甲斐も無いのに皇室にプロポーズはあかんでしょ小室親子と皇室と天秤にかけるつもり?皆税金払い貴方達の生活養っているのですよ貴方も30前おばちゃんになりますプライドもち楽させて頂ける相手を見つけて下さい

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。