不倫疑惑の堀尾正明アナ、女性宅に宿泊でも「不倫ではない」…涙の釈明に批判殺到

 6月19日発売の「週刊新潮」(新潮社)で不倫疑惑を報じられた、フリーアナウンサーの堀尾正明。20日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)で生謝罪したものの、さらなる批判を招いてしまった。

 堀尾は現在『ビビット』に“ニュース雑学おじさん”としてレギュラー出演中。1981年から2008年まではNHKでアナウンサーを務め、2004年の『NHK紅白歌合戦』では総合司会を務めたこともある。フリー転身後は『ビビット』のほか、『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)などのレギュラー番組を持つ。

 今回の不倫疑惑を掲載したウェブサイト「デイリー新潮」によると、相手女性はモデルとしてたびたびファッション誌に登場する50代女性。小学生の子ども2人を育てるシングルマザーで、堀尾は彼女の自宅を訪れて宿泊もしているという。

 取材に対して堀尾は、当初「相談に乗っているだけで、彼女の家に泊まったことはありません」と否定。ところが、その後の取材で宿泊の事実を認め、妻と別居していることを明かした上で「本当に不倫でも男女の仲でもありません」と釈明していた。

 不倫報道を取り上げた20日放送の『ビビット』で、堀尾は目に涙を浮かべて登場。「自分の行動が多くの人を傷つけて、そしてご迷惑をかけ、誤解を生じ、許容範囲を超えた行動をしたなというふうに反省しております」「不快な思い、嫌な思いをさせてしまい、言葉もありません。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪している。

 堀尾は恋愛感情について「ありません」と改めて否定し、相手女性も『ビビット』の取材に対して恋愛感情は「ない」と証言。また番組では堀尾の妻のコメントも紹介し、「彼が困っている人を放っておけないのは出会ったときからで、これまでも人助けはいくつかありました。心の優しい、懐の深いところが彼の一番の魅力だと思っています」と読み上げられた。

 堀尾の生謝罪は大きな反響を呼んでおり、ネット上では「相手女性の自宅に泊まっておいて“不倫ではない”と言い張る人間性に違和感を覚える」「いい年をして涙目で釈明するなんてみっともない。潔く真実を話してほしい」「ずるずると釈明ばかり。コメンテーターとしてはおしまいですね」「奥様まで引っ張り出されて、しかもフォローまでされて、恥ずかしくないのか」といった批判が相次いだ。

 情報番組のコメンテーターとして、芸能人をはじめとして数々のスキャンダルにもコメントしてきた堀尾は、高まる批判の声をどのように受け止めるのか。出演番組の対応にも関心が集まりそうだ。
(文=編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月21日の芸能総合記事
「不倫疑惑の堀尾正明アナ、女性宅に宿泊でも「不倫ではない」…涙の釈明に批判殺到」の みんなの反応 1
  • 不倫じゃ 通報

    堀尾アナさん 不倫して泣くなよ。バレた時の覚悟もなかったら始めから不倫するな。明日からテレビから消えろクズ男。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。