コンサートホールの“あの形”の秘密…革命起こした56年前のベルリン・フィル新ホール

「“アウトリーチ”は、1990年代から2000年にかけての考え方。現在ではもう古い考え方になっています」

 現在、全米のオーケストラのなかで、経済基盤が一番大きく成長したロサンゼルス・フィルハーモニックの新CEO(最高経営責任者)、サイモン・ウッズ氏の言葉です。彼はテニス最高峰の大会で有名なイギリス・ウィンブルドン生まれです。

 アウトリーチとは、「手を伸ばす」という意味の英語ですが、公的機関や文化施設が行う、「地域への出張サービス」という意味でも使われています。たとえば、オーケストラの場合なら、地域の学校や福祉施設などに出かけていくことにより、住民に芸術に関心を持ってもらい、未来の聴衆を育てるための意味がある活動となります。

 2月23日付本連載記事『日本のクラシック音楽に絶大な貢献をした「子供のためのオーケストラ鑑賞教室」の凄み』で書いたように、オーケストラの鑑賞教室はアウトリーチ活動の最たるものであり、聴いてくれた子供たちが将来、コンサートホールでのオーケストラ・コンサートに来てほしいという思いが詰まっています。しかし、これを真っ向から「もう古い考え方だ」と言われてしまったわけで、僕はもちろん、それを聞いた日本の音楽関係者は大きなショックを受けました。

 彼の主張は、次のような内容です。

「50年くらい前ならば、観客のほうからホールに聴きに来てくれたので、オーケストラはホール内で良い演奏をしているだけで十分だったし、広告もたいして必要ではありませんでした。しかしながら、1990年くらいから、さまざまな情報が発信され始めたことにより、オーケストラがホールで演奏するだけでは難しい時代となり、ホールを飛び出して地域を訪れ、露出と存在感を増す必要性が出てきた。これがアウトリーチの考え方です。

 そして、2020年を迎えようとする現在では、インターネットなどの発展で、情報が溢れる時代となり、オーケストラがどれだけ社会と“タッチ”していけるかが重要なキーとなります。住民からすれば、『自分たちが住んでいる街に、どうしてオーケストラが必要なのか』『オーケストラの存在が自分たちに何をもたらしてくれるのか』ということを、住民にアピールすることを考えなくてはならない時代なのです。ですから、今は“アウトリーチ”ではなく、“タッチ”の時代なのです。そして、これからも時代に合わせて、どんどん新しく違う考え方が出続けるでしょう」

“タッチ”の例のひとつとして彼は、前の職場であるシアトル交響楽団の話をしてくれました。ホームレスの人々を奏者の間に座らせてオーケストラを演奏し、それが大成功だったそうです。つまり、オーケストラが社会問題にも関心を持ち密着することで、街にとって大切な存在なのだと認識してもらうための活動なのです。

●靴箱とワイン畑

 クラシック音楽界のこの50年間の大きな変化の速さに、僕は戸惑いを隠すことができませんが、これはオーケストラだけでなく、ホールでも同じようなことがあります。

 皆さんは「靴箱」「ワイン畑」と聞いて、何を連想するでしょうか。音楽家や音楽に詳しい愛好家なら、「コンサートホール」とすぐに答えるに違いありません。これはまさに、ホールの中の形を表しているのです。

 靴箱の中に入ったと想像してみてください。そこには椅子がたくさん並べてあり、その椅子は、すべて同じ方向を向いています。その向こうの端にはステージがあります。こういう形が「靴箱型コンサートホール」です。音楽家は英語で、「シューボックス」と言います。元日のニューイヤーコンサートで有名なウィーンのムジークフェライン・コンサートホールをはじめ、コンサートホールの典型的な形です。実は、コンサートホールというのは、建築学的に難しいのです。真ん中に柱を何本も立てられないので、設計ミスをすれば天井が落ちてしまいます。そのため、靴箱の形しかつくれなかったのかもしれません。

 靴箱型は、音響的にも優れた形でもありますが、欠点がひとつあります。高い料金を支払い、演奏者に近い席に座れる観客はいいのですが、安い料金だとステージからものすごく遠くなり、演奏者は点のような存在になります。そして、古いホールでは、構造的に舞台の全体が見えない席も結構あったりします。それでも、ほかに娯楽があまりなかった時代なら、よかったのかもしれません。

 そこに新しい風を吹き込んだのは、20世紀後半を代表する指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンです。彼は、コンサートホールだけでオーケストラを演奏するだけでは飽き足らず、当時、開発されていた映像の分野にも手を広げ、彼の指揮で演奏するベルリン・フィルハーモニーの演奏を、世界中の家庭の茶の間でも自由に聴いてもらおうとしたのです。その彼がコンサートホールに革命を起こしたのは、1963年。それはベルリン・フィルの新ホールです。

 彼は、すべての観客に対して、演奏者を間近に見てもらおうと、今までのような平土間に座席を並べたような形ではなく、いくつもの客席ブロックをワイン畑のように段違いに配置しました。しかも、ステージを客席で囲むようにしたのです。その形から「ワインヤード型」、つまり「ワイン畑」と呼ばれる新しいホールの形をつくり上げました。そのおかげで、安いチケットを買った観客も、演奏者の表情まで見ながらコンサートを聴くことができるようになりました。

 これは、時代の最先端どころか何十年も先を見据えた考え方です。一度つくってしまったら、長い年月使用され続けるコンサートホール。将来、オーケストラが聴衆に聴かせるだけでなく、どれだけ近い存在になるかが重要になる時代が来るに違いないという、何十年も先を見越した彼の想像力には驚くしかありません。その証拠に現在では、音響設計士・豊田泰久氏が設計したサントリーホールを筆頭に、ワインヤード方式が世界の新しいホール設計の主流となっています。
(文=篠崎靖男/指揮者)

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら