【映画惹句は、言葉のサラダ。】第20回 2016年、記憶と記録に残った映画惹句ベスト3。

       

●映画も惹句も豊作だった2016年。さて日本映画は・・・。

 というわけで、2017年になりました。本年もよろしくお願いします。
 年頭に当たっては、昨年の回顧などやってみましょうか。この連載の場合、映画を惹句で語るというか評価しているわけですから、昨年最も記憶に残った映画惹句をあげてみましょう。

 やはり昨年は、この映画につきます。『シン・ゴジラ』。怪獣映画で育った世代としては、たまらんものがありました。2016年のマイ・ベストワン。3回ほど鑑賞しています。
 その「シン・ゴジラ」の真っ赤なチラシに掲げられた、最初の惹句がこれ。

 「ニッポン対ゴジラ」

 ・・・なんだろう? これ。ゴジラ映画の新作としては、ちょっと異質だな。パターンとしてゴジラと我が国の軍事組織(自衛隊だったり、防衛軍とか架空の組織だったり、作品ごとに変わるんだよ、これが)と対決するのはままあれど、「ニッポン」そのものがゴジラと戦うというのか? ということは、国民が戦うということなのか? とめどなくイメージを喚起させる1行でありました。


●この1行以外に、
     『シン・ゴジラ』という作品を表現する言葉はない。

 次に『シン・ゴジラ』のチラシをもらった時、惹句は新しいものになっていた・・というよりも、ティーザー段階のそれにカッコ付きで、より具体的なイメージが投げかけられていました。

 「現実〈ニッポン〉対虚構〈ゴジラ〉」

 おおお・・・大きく出たなあ、というのがまず最初の印象。虚構の存在であるゴジラを、現実のニッポンと対比させるのは、まさかゴジラとニッポンの対決が行われた結果、最後は「すべては夢でした」という夢オチ的な終わり方をするのかな? あの庵野総監督であれば、それもまたあり・・などと妄想を膨らませるには充分な惹句でした。


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。