誰にでも振りかかる「現代の悪」をつきつける『三つの悪夢と階段室の女王』

誰にでも振りかかる「現代の悪」をつきつける『三つの悪夢と階段室の女王』
『三つの悪夢と階段室の女王』増田 忠則 双葉社

 一口で言うならば葛藤が主題のサスペンス集である。

 増田忠則『三つの悪夢と階段室の女王』は、2013年に第35回小説推理新人賞を受賞した「マグノリア通り、曇り」を含む四作を収めた短篇集だ。増田はこれがデビュー作になる。

 予備知識なしに本を手に取り、巻頭の「マグノリア通り、曇り」を読み始めて驚いた。終始緊迫感があり、まったく間然とするところがないのである。ある日曜日、行政書士の斉木の携帯電話に着信があった。電話を掛けてきたのは聞き覚えのない男の声である。男は言う。娘さんを預かりました。ある場所に監禁しました。絶対に発見されない場所です。私が住所を教えないかぎり。たしかに娘の理央は友達の家に遊びに行くと言って出かけたきり帰っていない。

 実は、事件の予兆のようなものはあった。一ヶ月前のことだ。学校から帰る途中、理央は見知らぬ男からサバイバルナイフのようなもので斬りつけられたのだ。ナイフはランドセルに刺さったままになり、犯人は逃走した。あれもおまえのしわざか、と詰問する斉木に、男は平然と言い返す。そうです。私が本気だってことを、あらかじめ知っておいてほしくて。

 題名にあるマグノリア通りに、電話の男の支持に従って斉木は行くことになる。そこで起きる出来事、なぜ彼がそんな事件に巻き込まれなくてはならなかったのかという理由については実際に読んで確かめていただいたほうがいいだろう。現代に生きる人は自身に咎がなくても突然残酷な事件に巻き込まれることがある。そして、自覚がないうちに他人を傷つける加害者になる可能性がある。決してそんなつもりはなくとも、悪事の加担者になってしまうのである。そうした理不尽な現代の悪のありようを、作者はこの誘拐ゲームを通して描いていく。


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る 2017年6月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら