暗殺者見習いに向けた手引書『インターンズ・ハンドブック』

暗殺者見習いに向けた手引書『インターンズ・ハンドブック』
『インターンズ・ハンドブック (海外文庫)』シェイン・クーン 扶桑社

〈ヒューマン・リソース社〉の新入社員諸君、就職おめでとう。お悔みを言わせてくれ。


 開巻早々、ジョン・ラーゴはそう言う。お祝いの間違いじゃないかって。いや、お悔みで合っている。なぜならば〈ヒューマン・リソース社〉(以下HR社)は、表向きこそ企業インターンの派遣会社となっているがその実態は暗殺組織だからだ。厳重な警備で守られている要人の元にうぶなインターンを装った暗殺者を送りこむ。したがってHR社の定年は25歳、まるで往年の全日本女子プロレスだ。それ以上の年齢になると、インターンとして潜入することが難しくなるからだろう。

 この奇抜な設定だけでも作者は勝ったも同然。長篇『インターンズ・ハンドブック』(扶桑社ミステリー)は、長年映画関係の仕事をしてきた作家、シェイン・クーンのデビュー作である。実力ある書き手だから、あの手この手で読者を驚かせてやろうとして、いろいろ仕掛けてくる。

 本書でまず興味を惹かれるのは構成だ。上に書いた主人公、ジョン・ラーゴに対する国内および国際逮捕令状が発行されたという情報から小説の記述は始められる。アメリカ合衆国連邦捜査局発の公文書という体なのである。それによればラーゴは、行方をくらました後でHR社の暗殺者見習いに向けて『インターンズ・ハンドブック』なる非公式の手引書を発信していた。ラーゴが25歳での引退を目前にして最後に引き受けた依頼の模様が主として綴られたものである。つまり『インターンズ・ハンドブック』とは長篇の題名であると同時に、登場人物の著した手記の表題でもあるわけだ。

あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る 2018年5月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら