加藤清正や恐竜も復活、愛のありかたを描く感動作

加藤清正や恐竜も復活、愛のありかたを描く感動作
『黄泉がえり again (新潮文庫)』梶尾 真治 新潮社

 映画化されたヒット作『黄泉がえり』の続篇。前作同様、死者がつぎつぎと生き返る"黄泉がえり"の顛末を描く。

 日本SF界における「ロマンスの王様」梶尾さんの作品らしく上品なラブストーリーの要素もあり、作者自身の地元でもある熊本を舞台としたご当地小説でもあり、そして災害に立ちむかう人間の姿を描いた作品でもある。

 前作『黄泉がえり』のクライマックスでは、"黄泉がえった"ひとびとが身を挺して、愛する故郷を大地震から守りぬいた。それで"黄泉がえり"現象も終結を迎えたはずだった。しかし、それから十六年後の二〇一六年四月、熊本・大分大地震が発生してしまう。

 本作『黄泉がえり』は、その熊本・大分大地震から一年三カ月後の二〇一七年七月に開幕する。熊本市内で"黄泉がえり"現象が、ふたたび発生しはじめる。前回の経験があるため、行政の対応もスムーズにおこなわれるが、こんかいの"黄泉がえり"には前回と異なる点がいくつかあった。

 いちばんの違いは、前回"黄泉がえった"ひとびとは最近亡くなった者ばかりだった。こんかいは、歴史上の人物がひとり復活してきたのだ。肥後熊本藩初代藩主、加藤清正そのひとである。"黄泉がえり"は、その人物を深く思う誰かの念がないと起こらない。ふつうは親子や夫婦、恋人や友人といった間柄だ。歴史上の人物である清正の場合、そういう特定のつながりのある人間はもういない。しかし、熊本の少なからぬひとびとが、地震の爪痕が生々しく残る市街を前に、「この状況を見られたら、清正公はどう思われただろう」との感慨を抱いた。それほど清正は地元では敬愛されている存在なのだ。


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る 2019年3月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。