ヘタレ准教授クワコーが帰ってきた!〜『ゆるキャラの恐怖』

ヘタレ准教授クワコーが帰ってきた!〜『ゆるキャラの恐怖』
『ゆるキャラの恐怖 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活3』奥泉 光 文藝春秋

 クワコー先生の新刊が6年半ぶりに発売。って小学生なら卒業しちゃってるほど長い間、ほんとに待ってたヤツなんているのかって話。いや、いるか。需要もさまざまか。しかも今回、みうらじゅん人気も期待したいところ。なぜにみうらじゅん。でも、題名の「ゆるキャラ」でソッコー連想した人もいるに違いなし。あと、表紙のレイアウト? っての? が、いま激アツの『ジーヴズ』ともろかぶり。いや、オレは好き。同じ出版社から出すなら、そりゃかぶせるっしょ。あえてのかぶせで行くっしょ。

 唐突な出だし、クワコーシリーズを未読の読者各位には何のことやらだし、ファンのみなさまからは激怒されるかも。申し訳ありません、モンジ愛が炸裂したゆえの不手際ということでご寛恕いただけましたら幸いです。

 「そもそもクワコーとかモンジとかって誰よ?」という方々のために、少々おさらいを。本書は『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』(2005年に刊行された長編『モーダルな事象』の続編的作品。シリーズ作品はすべて文藝春秋より刊行)を第1作とするシリーズの3作目。主人公はたらちね国際大学の准教授である桑潟幸一で、愛称がクワコー。専門は日本文学で、文芸部の顧問をしている。節約生活に励む以外、研究にも教育にも特に熱意があるわけでもない。何かとヘタレさが際立つ人物であるゆえなのか、本人の意図せざる場面で何かと事件に巻き込まれてしまう。文芸部の個性的な部員たちの助けを借りて、なんとか日常の謎を解決していくのだが、この文芸部員たちというのがまたナイスキャラ。主に事件解決に貢献する探偵役のホームレス女子大生・神野仁美(ジンジン)や、型破りな部員たちのまとめ役である部長の木村都与、ギャル系ファッションの早田梨花(ギャル早田)にナースのコスプレの山本瑞穂(ナース山本)など。中でも私のイチオシが、モンジこと門司智である。


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月8日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。