映画『ビリギャル』原作者による新著。子どもの可能性を広げる"効果的な声かけ"とは?

 2015年に有村架純さん主演で公開された映画『ビリギャル』。ミリオンセラーを記録した原作本『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』は、実話であったことでも当時話題を呼びました。

 著者は坪田信貴さん。アメリカの大学で学んだ心理学をもとに、塾講師として1300人以上の子どもたちの学習指導をおこなってきた人物です。そんな坪田さんが7月に新しい著書『「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけない』を出版しました。

 これまで多くの子どもたちを見てきた坪田さんは「本当に言葉ひとつで、人は変わる」(本書より)と実感したそうです。とくに、お母さん・お父さんの言葉一つひとつを子どもはしっかり受け止めているといいます。だからこそ、つい口にしたちょっとした言葉が逆効果になってしまうことも......。

 では、子どもたちの自己肯定感を高め、自分の意思で行動できるようにするには、どのような声かけをすればよいのでしょうか?

 本書には、子どもにかける言葉について、良い事例と悪い事例の両方が28例載っています。代表的なのがタイトルにもなっている「『人に迷惑をかけるな』と言ってはいけない」というもの。もしかしたら、お子さんに一度は言ったことがある言葉かもしれませんが、坪田さんによると「これこそが最初にやめたい声かけ」(本書より)だといいます。

 その理由は、「誰にも迷惑をかけず、誰の手も借りずに生きている人なんていない」(本書より)から。「人に迷惑をかけてはいけない」と思い込んでしまうデメリットは、人に助けを求められなくなること、何か困ったことがあっても、助けを求めれば迷惑をかけることになるから自分1人でなんとかしようとしてしまうところにあります。けれど、生きているうえで迷惑をかけるのはお互いさま。それなら「人に迷惑をかけて助けてもらった分、困っている人がいたら助けよう」と考えるほうが健全なのではないかと坪田さんは考えます。


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク