文庫本ってなんでこの大きさなの?

 夏の書店の風物詩、文庫フェアが今年も店頭を飾っています。新潮文庫の100冊、カドフェス(角川文庫)、ナツイチ(集英社文庫)、さらに最近では出版社主導のラインナップに頼らず、書店側が独自に選書して仕掛ける文庫フェアも見られるようになりました。長い夏休み、何か読んでみようかとにぎやかな店頭に誘われて文庫本を買ったことがある方も多いでしょう。

 誰でも一度は手に取ったことのある文庫本ですが、いつ、どこで、どのように生まれたのかご存じですか?

 そのルーツをたどると、500年以上前のヴェネツィアにたどりつきます。ルネッサンスの花開く〈海の都〉に、美的センスとひらめきに恵まれたひとりの熱き出版人がいました。彼の名はアルドゥス・マヌティウス。彼の生み出した小さくても美しい小型本はヨーロッパ中を熱狂させました。一行に収まる文字数を増やすために、アルドゥスは流れるような筆記体を発明し、これが現在のイタリック体の原型となっています。

「考える人」(新潮社)2014年夏号特集「文庫──小さな本の大きな世界」では、文庫本の誕生から現在に至るまでの歴史を総力取材。『ジーノの家』などのエッセイも人気の、ミラノ在住のジャーナリスト内田洋子さんが、アルドゥスの遺した業績を現地取材。今見ても美しい文字組みが大きな写真で掲載されています。

 また、絶対音感ならぬ絶対"文字"感をもつエッセイスト正木香子さんは、集英社文庫、岩波文庫、角川文庫、ちくま文庫、新潮文庫版の『銀河鉄道の夜』(宮澤賢治)を読みくらべ。見事に使用書体がすべて違う文庫五社。同じ文章でも違う書体で読むと、おのずと印象も違ってきます。あなたのお気に入り書体はどれですか?


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る 2014年7月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。