『レナードの朝』原作者が垣間見たロビン・ウィリアムズの心の闇

『レナードの朝』原作者が垣間見たロビン・ウィリアムズの心の闇
『レナードの朝 (サックス・コレクション)』オリバー サックス 晶文社

 今月8月11日にその生涯を終えた俳優、ロビン・ウィリアムズ。1992年公開のディズニーアニメ『アラジン』では、ランプの精・青い魔人のジーニーの声を茶目っ気たっぷりに演じるなど、お得意のマシンガントークとモノマネを生かした役柄の印象が強いロビンですが、意外なことに医師役を演じることも多く、その数は5回以上なのだとか。1997年『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の精神分析医役ではアカデミー賞助演男優賞に輝き、1998年『パッチ・アダムス』では実在の医師役を演じています。

 ロバート・デ・ニーロが演じた、嗜眠性障害(脳炎後遺症)という難病にかかった青年・レナード役が有名な映画『レナードの朝』(1990年公開)ですが、この作品でロビンは誠実な人柄で患者と心を通わせていく医師、マルコム・セイヤーを演じていました。当時のロビンについて興味深い記述を残している人物がいます。

 その人物こそ、『レナードの朝』原作者で医師でもあった、オリバー・サックス氏。

 氏は、ロビン演じるマルコム医師のモデルとなった人物でもあります。原作本の第四章"映画になった『レナードの朝』"で、映画の役作りのためサックス氏の患者の病室を訪れたロビンについて、以下のように描写しています。

「その帰りみち、クルマの中でロビンはいきなり病室の喧噪を再現する信じられないような一人芝居をはじめた。ひとりひとりの声を真似しながら、完璧な正確さをもって。およそ信じられない聴きものだった」


あわせて読みたい

気になるキーワード

BOOKSTANDの記事をもっと見る 2014年8月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら