日常感覚と寓話性で紡がれる「逆さの未来」

日常感覚と寓話性で紡がれる「逆さの未来」
『献灯使』多和田 葉子 講談社

 その未来では、いろいろなものごとが「逆さ」になっている。

 老人は百歳を越えてさらに元気を増すのに、子どもは虚弱で介助なしには生活ができず死亡率も高い。産業・経済がさかんなのは北海道と沖縄で、東京は物資が乏しく活気がない。人びとがだんだん電化製品を使わなくなったため、開発も生産も停滞している。インターネットはとうに廃止され、それを祝う「御婦裸淫の日」が国民の祝日として制定された。こうした新しい祝日は、上意下達ではなく公募と国民投票によって民主的に決定される。そもそも日本政府そのものが、いまや民営なのだ。警察も民営化され、吹奏楽の演奏を主業務としている(町を練り歩いて子どもたちに大人気だ)。グローバル化なんて発想そのものが廃れ、誰もが当然のように鎖国を受け入れている。あらゆる分野で外来語がなくなり、せいぜい犬の種類や農産物をあらわすのに使われる程度だ。オレンジには定価があるが、切手には定価がない(国会議事堂の図柄はただ同然で入手できる)。学校の厠(トイレという呼称はなくなった)は男女共同で、皆が集って遊びながら用を足す楽しい空間になっている。

 この逆さの未来を描いているのは、短篇集『献灯使(けんとうし)』の冒頭におかれた表題作だ。外形的には未来小説である。いっけんするとアンチ・ユートピアにとれるが、主人公である義郎(曾孫と暮らす老人)に寄り添って読めば、むしろ現在の日本よりもずっと暮らしやすい社会にも思える。しかし、未来にせよアンチ・ユートピアにせよ、作品の手ざわりはいわゆるSFのそれではない。


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る 2014年11月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら