近所での立ち話からビジネスシーンまで、どんな場合においても差し障りのない無難な話題といえば、天気の話。しかし同時に、天気の話はいつもたいして盛り上がることもなく、「暑いですね」「寒いですね」「天気がいいですね」「雨が降りそうですね」......といった、当たり前なコメントで終わってしまっていないでしょうか。

 そんなとき手にしたいのは、関西のお茶の間でお馴染み、関西テレビにて天気予報を毎日伝えてくれている、気象解説者・片平敦さんによる『仕事で得する天気の雑学』。
本書では、「今日は暑いですね」といった発言止まりになってしまわない、思わず誰かに話したくなる天気にまつわる雑学から、実際に役立つ知識まで、天気に関する36個の実用的なネタを、いつもの片平さんのテレビでの気象情報と同じくわかりやすく教えてくれます。

 早速どのような雑学が紹介されているのか、すぐに実践できるものをいくつか見てみましょう。

 まず天気予報を見る際、気になるのは、最新の正確な予報を知ることのできる時刻。
片平さんによると、気象庁によって予報が発表されるのは、1日3回。毎日午前5時、午前11時、午後5時なのだそうです。また週間天気予報が発表されるのは、毎日午前11時と午後5時。さらに1ヶ月予報は週に1回、毎週木曜日。3ヶ月予報は月に1回、毎月25日。そのため、最新の正確な気象情報を知りたいならば、これらの発表時刻の直後に調べるのが良いといいます。