調律師をめざす若者の道のり〜宮下奈都『羊と鋼の森』

調律師をめざす若者の道のり〜宮下奈都『羊と鋼の森』
『羊と鋼の森』宮下 奈都 文藝春秋

 ピアノという楽器はなぜこんなに私たちを魅了するのだろうか。ほんとうかどうかわからないが、初めて弾く人間であってもすぐに音が出せるからだと聞いたことがある。確かに、ヴァイオリンなどの弦楽器やフルートなどの金管楽器やクラリネットのような木管楽器だと、素人ではなかなか音が出ないらしい。でも、それだけの理由ではないはずだ、縦笛やハーモニカやカスタネットなどのように、ピアノ同様簡単に音が出せる楽器は他にもあるのだから。とはいえ、縦笛やハーモニカだと弾きながら歌えないし、カスタネットやタンバリンだとリズムを刻むのが主でメロディを奏でるという感じではない。あと、ピアノは1台あれば連弾ができるのもいい(ロックミュージシャンとかで、12弦並んだデカいギターなどを持っている人がいるが、ふたりで弾くには向いてないだろう。たぶん)。

 これほどに多くの人に愛されているピアノだが、その構造を理解している人はどれくらいいるだろう。弦を鳴らすための部品がハンマーと呼ばれ、それがフェルトでできていることなどこの本を読むまで知らなかった(ピアノを弾く人には自明の知識なのだろうか。私などピアノの内部がどうなっているかについての知識は「トムとジェリー」で得たものがすべてなのだが)。主人公・外村くんは、ピアノの音に魅せられて調律師になることを選んだ。そのきっかけとなったのが、彼が高校生の時に体育館のピアノを調律しに来た板鳥さんと出会ったことだった。板鳥さんが鳴らすピアノの音を耳にして、外村くんは森の匂いを感じる。ここのピアノは古くてやさしい音がする、と板鳥さんは語る。いいピアノは、いい山や野原が作るのだ。いいフェルトを贅沢に使ったハンマーは、いい山や野原でいい草を食べて育った羊の毛で作られるものだから。


あわせて読みたい

BOOKSTANDの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。