アイドルのライブレポはなぜつまらないのか?
拡大する(全1枚)
ライブレポは追体験のため

「なぜつまらないのか?」と、アイドルのライブレポがつまらないことが前提になってしまっていますが、もちろんこれは僕の感想なので、「全然そんなことねーよ! バカ!」っていう方がいたらすみません。あと、「アイドルのライブレポ」と一括りにしていますが、正確には商業媒体のライブレポについての話です。
 ファンの方がツイッターとかで書いてるライブの感想とかは凄く面白いと思うんです。自分が行ったライブについて、その後、検索をすると、「そんなところを観てる方がいるんだなあ、全然気付かなかった」とか、「そんな見方があるとは思いもよらなかったけど確かに!」みたいな目から鱗の感想が散見されて、とっても面白いです。
 しかし、商業媒体に書かれたライブレポでは、そのように思うことがあまりなくて。なんというか、ただ起こったことをそのまま書いてるだけというか……僕はライブレポを読むのって、そのときに盛り上がって感動した気持ちの追体験をしたいからなんですが、それが全くできないんですよね。もちろん、ライブレポを必要としているのは、そのライブに行った方だけではなく、そこに行きたかったけど行けなかった方も含まれるので、追体験云々より、いかにその場で起きたことを詳しく記述しているか、ということも重要なのかもしれません。

 ただし、単にライブで起きたことが正確に記述されているだけだと、それが読み物として面白いのだろうか、と思うんです。例えば、スポーツの試合だったり、プロレスの試合のレポだったりした場合、必然的に、最終的な勝敗を決するまでの物語がそこにあるので、そこに至るまでの過程だけが書き綴られてあっても面白いかもしれません。
 しかし、音楽ライブって要は予定されていたセットリスト通りに進んでいくのみなので、そこにわかりやすい物語は存在しません。もちろん、そのライブの、前後のライブを含む一連の流れを物語風に運営サイドが演出している場合もあります。また、ある一つのライブだけとってみても、ちょっとしたメンバー間のやりとりなんかから物語を見出すこともできるかもしれません。でも、それはやっぱりニッチな見方で、スポーツなどに代表される分かりやすい物語と同様な、自明の物語として活字化するのは容易ではありません。だから、ライブレポを面白く書くというのは、はなから不利な作業だとは思います。