アイドルのライブでファンの暴力事件が勃発!
拡大する(全5枚)
Wikipedia(CC BY-SA/Forrest Norvell)
アキシブprojectの公演で起きた暴力事件

 事件が起こったのは1月15日。アキシブprojectというアイドルグループの定期公演初回という記念すべき日。なんでも最前で観ていたファンが後ろからのモッシュで押されたのに怒って、押した相手(モッシュしたのはその後ろの人のよう)を4発殴って、殴られた相手は顔は腫れて、かなり酷い殴られ方をした様子(被害者らしき方のツイッターによると、でツイッターには嘘やデマも出回ってるそうなので、確かな状況は分かりませんが)。警察も呼ばれて、その後のアキシブprojectの定期公演も中止になったりして、そこそこおおごとになっているようです。
 アイドルのライブにおける、ファン同士のトラブルって定期的に見る気がします。ツイッターなどで公になったような出来事以外にも、ちょっとしたいざこざだったら、きっと数限りなくあるのでしょう。僕も一ヶ月前くらいのライブで、最前に陣取っていた強面の坊主なお兄さんが、後ろからちょっと押される度に、すごい剣幕で怒っているのを目にしました。きっと、その程度のことは、今日もどこかで行われているアイドルのライブにおいて、日常茶飯事なのでしょう。

 なぜ、トラブルが起こるかというと、その多くは盛り上がり方の違いによるものだと思います。アイドルのライブは様々な楽しみ方があります。腕を組んで地蔵で観る人もいれば、リズムにノリノリになって踊る人、最低限のコールやケチャはやってあとはちょっとリズムに乗ってるくらいの人、派手に振りコピをする人、とにかくチャンスがあればモッシュしたい人、推しジャンに全精力を注ぎ込む人……。どんな楽しみ方も悪いワケでは無論ありませんが、前で推しジャンする人があまりに頻繁で、しかも後ろにぶつかってきたりすると、いい気持ちはしませんし、自分はモッシュに参加したくないのに、否応なくぶつかってこられたら、やはりいい気持ちはしません。じゃあ地蔵なら誰にも迷惑をかけないかというと、ここのケチャで前に行きたいのに、前の人が動かないから行けない! みたいなことで周囲をイラッとさせてしまっていることもあるかもしれません。
 そんなワケで、アイドルのライブ現場において、色々な盛り上がり方がある以上、自分とは違う盛り上がりをする人を疎ましく思えてしまうシチュエーションは多かれ少なかれ必然的に発生してしまいます。どんな盛り上がりも不正解なワケではありません。最低限自分と違う盛り上がりをする人への配慮と理解が必要ということでしょう。


この記事の画像

「アイドルのライブでファンの暴力事件が勃発!」の画像1 「アイドルのライブでファンの暴力事件が勃発!」の画像2 「アイドルのライブでファンの暴力事件が勃発!」の画像3 「アイドルのライブでファンの暴力事件が勃発!」の画像4
「アイドルのライブでファンの暴力事件が勃発!」の画像5