本当に旨いレトルトカレー食べ比べ【第5回:新宿中村屋 スパイシーグリーンキーマ】

飛び道具なグリーンカレー

 中村屋の「インドカリーシリーズ」(希望小売価格315円、実勢価格298円程度、特売での底値が250円程度)を食べ比べ、マイ・ベスト・中村屋レトルトカレーを探す旅の第5弾。今回は以下の商品を食べてみます。

「インドカリー スパイシーグリーンキーマ」(新宿中村屋)
内容量:200g
希望小売価格:税込315円
(本体価格 300円)

 はー、グリーンカレーですかー。
 皆さんはグリーンカレーってお好きでしょうか? 僕は好きなんですよ。タイ料理の店に入ったら、まずはグリーンカレーです。レッドじゃなく、イエローじゃなく、グリーンの独特の風味が好きなんですよね。
 ちなみにあの緑色って、「プリックチーファー・キョウ」っていう名前の唐辛子の色なんですよ。知ってました? 詳しいでしょ、えへへ……などと言いながら、商品パッケージの裏を覗いてみると、「インド料理専門店でお馴染みの『ほうれん草カリー』を食べやすいキーマ仕立てにしました。じゃがいも、ひよこ豆、タケノコの食感豊かな具がたっぷり。クミンホールを炒め、唐辛子を丸ごと一本使ったスパイシーな本格辛口キーマカリーです」と書いてあります。
 あれ? 「ほうれん草」!? 全然違うじゃないの……。まぁ、気を取り直して、食べてみましょうか。

本当に旨いレトルトカレー食べ比べ【第5回:新宿中村屋 スパイシーグリーンキーマ】

食べてみた

 うん、美味しい。
 これぞエスニック! これぞアジアの味だ! という感じです。
 なんだか意外と、タイのグリーンカレーに近い味わいですよ。なぜならそれは、大量に入っているであろうココナッツミルクかと思われます。
 ココナッツミルクといえば、前回に食べた「ベジタブル」ですが、アレを比べてもめちゃくちゃココナッツミルク感満載です。ただし、ココナッツミルクが強いからといってマイルド&優しい味というわけではありません。非常に豊潤なスパイス感と、おおぉ! と、声が漏れるホットな辛味が支配的です。
 以前に食べた「ビーフスパイシー」や、「スパイシーチキン」に比べちゃうと、一見、スパイスはかなり弱めに感じるかもしれません。ですが、このココナッツミルク感を突き抜けて舌に刺さってくるスパイス感。いやぁ、アジアンカレー好きには、本気でオススメできる仕上がりかと思います。
 そのアジア感をさらに引き立てるのが、具のひよこ豆とタケノコです。ガリガリゴリゴリ、ぽっくりポクポクと、食感が楽しすぎる! レトルト嫌いの人が言いがちなセリフのひとつに、「まるで病人食かのように、食感が一様でつまらない」というものがありますが、心配ご無用。このカレーを食べれば、新たな境地が切り開けることでしょう。


あわせて読みたい

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年1月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら