シャケ弁廃止へ! 日本では曖昧なサケとマスの区別

食材の正しい表示は嬉しいけれど…

 昨年大騒ぎになり、国会においても取り沙汰された食品偽装問題。使用していない高級食材をメニューには記載し、一部の老舗レストランやホテルが全面的に謝罪するハメになったことは記憶に新しい。これを受け、消費者庁が適正食材表示についてのガイドラインを作成するため昨年12月より議論を重ねている。しかし…このガイドラインが業界的には納得しがたいものらしい。

 消費者庁としては消費者団体の突き上げや主張によって「正確な名称、誰もが納得できる正しい表示をするべき」として進めようとしている。例えば……
●パック入りのジュースを「搾りたてフレッシュジュース」と表示不可。搾りたてではないのだから。ちなみに「フレッシュ」はギリギリOK。
●加工したプレス肉を「ステーキ」と表示するな。1枚肉を焼いた料理が「ステーキ」。
●ロブスターを「伊勢エビ」と表示するな。もともと異なる種の海老だから。
●冷凍マグロの刺身を「鮮魚」と表示するな。あまつさえ「漁港直送」などと新鮮さを売りにしてはならない。
 と、様々な議論を重ねてガイドライン作りに励んでいる。ここまでは納得できる。

 しかし、今まで慣れ親しんできているお弁当屋の「シャケ弁」を、サケを使用していないから表示不可と言うのは如何だろうか? たしかに「シャケ弁」のサケに主に使われているのは「サーモントラウト(ニジマス)」であり、一般的な「白鮭(シロザケ)」を使用している弁当屋は数少ないだろう。コンビニ弁当やホカ弁では、そのほとんどが「サーモントラウト」であろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク