意外と知らなかった! お葬式を安くすませる方法

意外と知らなかった! お葬式を安くすませる方法
【青山仏具】黒蝶貝パール(母貝真珠)数珠 女性用(主珠8mm)数珠袋(念珠入れ)付き
40代になったら考えたいお葬式の値段

 ある年齢になると、まったく葬式に出た経験がないなどということはないだろう。20歳までに喪主の経験された人とかもいるだろうが、30代後半から40代後半ぐらいが基本的に初喪主経験になるような適正年齢ではないか?
 突発的な事故であったり、長患いの末に病院でお亡くなりになったりと、死に方は様々であるが突然起こった身内の不幸に感情が伴わないまま現場は進んでいく……。葬式は一応、業者に任せるのが通例ではあるが、ここで問題なのがその値段。亡くなってからは本当にバタバタとことが進んでいく。病院側は取り敢えず、さっさと追い出す手筈を整えるし、相手が病院側の人間なのか葬儀社の関係者なのか解らないまま「アレヨアレヨ」で手筈を整えられちゃってもう引き返せないところに……。

業者の言いなりにならない

 そういう事態を避けるためにも、ある一定の年齢になったら葬儀一式の値段をネットで詳しく調べておいた方が無難である。だいたいの値段さえ把握しておくだけでかなりスムーズに進む。
 使い回しの祭壇やお花代、火葬すれば無くなってしまう棺……。「えっ!? コレってこんなにするの!?」と思うことだらけ。業者の言われるがままに話を進めてはいけないのだ。
 東京で行われる葬儀は一般的に平均価格が176万円と言われている。ちょっと変な業者につかまってしまうと250万円近くかかってしまうこともある。火葬代金、死者を運ぶ霊柩車、届け出モロモロまで全て代行してくれるからラクだなんて思ってたら、大変な金額になってしまうのだから本当に気をつけなくてはいけない。
 最近では区民葬や市民葬といったものもあるのだが、結局はなんだかんだで50万円近くはみておいた方がいい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年2月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら