選手村で起きているもう1つのオリンピック

選手村で起きているもう1つのオリンピック
★くま ふわふわスリッパ!★ソチマスコット★ポーラーベア★2014ソチSOCHI★並行輸入正規品
「選手村は世界一ふしだらな場所」

 スポーツが「クリーン」で「ストイック」なものだというのは幻想でしかない。肉体を鍛え上げたアスリートたちは、一般人とは比べものにならないほど性欲が強い。宿泊施設こそ別とはいえ、血気盛んな若い男女が、オリンピック開催中はひとつの「選手村」に集められているのだ。互いにムラムラして、あちこちで喘ぎ声が漏れだすのも仕方がない。
「すごくセックスが多い。芝生の上や建物の陰など、外ではじめちゃう人も。選手村は世界一ふしだらな場所」
 アメリカ・女子サッカー代表選手のホープ・ソロが2012年のロンドン五輪で明かしたように、オリンピックの選手村はフリーセックス状態。選手村は家族や恋人が入れないから、既婚者もここぞとばかりにハメを外すのだとか。下半身の祭典も賑やかなのだ。

10万個も消費されるコンドーム

 これに目をつけたのがコンドームメーカー。まない妊娠とエイズ感染防止のために、コンドームを無料配布。2000年のシドニー五輪では7万個を配布したものの、わずか1週間で品切れとなり2万個を追加。アテネ、北京、バンクーバーでも、それぞれ10万個がハケていったという。もちろん、選手村には10万人も選手はいない。いったい、ひとりあたり何個使っているのか……。
 公式スポンサーと異なり、コンドームの無料配布には、「一業種一社」という縛りはない。2020年の東京大会に向けて、準備に余念がないのは国内最大手のオカモトと、ライバル企業の相模ゴムだ。直接的な利益には結びつかないが、使用後の口コミを含めた宣伝効果を狙ってのことだろう。
 相模ゴムでは、昨年12月に0.01mm世界最薄のコンドームを発売。「薄いだけでなく、強度も抜群」と同社が胸を張るコンドームが、東京の選手村でどれだけ消費されるのか?
 オリンピックは世界のコンドームメーカーにとっても戦いの場でもあるのだ。

(文・編集部)

オススメマスコット:★くま ふわふわスリッパ!★ソチマスコット★ポーラーベア★2014ソチSOCHI★並行輸入正規品

あわせて読みたい

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年2月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら